トナカイの肉を食べちゃうなんて!? 美味しいの!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

トナカイの肉は食べることが出来るって知っていますか?

鹿肉を出しているお店は最近よくみかけますが、

トナカイって、どんな味か全く想像できないですよね。

馬肉っぽいのか、それとも牛肉に近いのか。

そこで今回は、トナカイの肉は一体どんな味がするのか、

調べてみたので紹介します。

トナカイの肉って!? 味は!? ネタ企画!?

トナカイといえば、クリスマスになると、

サンタクロースのソリをひくことで知られる動物ですね。

そのトナカイ、実は食べることが出来るんですよ。

気になるトナカイの肉の味。

最近ではジビエ料理のメニューがあるお店も増えてきているし、

鹿肉なら食べたことがある、という人も多いのではないでしょうか?

でも、トナカイを食べる機会って、

日本ではほとんどないような気がします。

そうなると、ますますトナカイの味が気になりますね。

ところで、つぶグミというお菓子の製造会社、

『春日井製菓』がなんと、とんでもない企画を出したんですよ!

それはなんと、昨年2016年のクリスマス限定企画で、

Twitterで10000リツイートされたら、

トナカイの肉風味のつぶグミを作って、

抽選で100名の人にプレゼントする、とのこと!

グミでトナカイの肉風味って、

食べてみたいような、食べたくないようなお菓子ですね。

でも、結局10000リツイートは集まらなかったので、

トナカイグミは作られませんでした。

詳しくはコチラを参照してみてください。

http://tsubugumi-project.kasugai.co.jp/campaign07/

ところが、あまりにもこの企画の反響が大きかったため、

やっぱり実際にトナカイ味のグミを作ることになったんです!

これも、店頭で発売、という訳ではなく、

リツイートして抽選で当たった人のみだったのですが、

結局作られちゃいました。

果たして、そのお味は…?

実際に食べてみた人の話によると、

不思議な味だった、とのこと。

においは肉っぽいけれど、噛むと果物っぽい甘さがあり、

まずい訳ではないけれど、美味しいとも言えない味。

もしかしたら、また期間限定の企画などで、

製造されるかも知れません。

あまりおすすめしませんが、もし食べてみたいのでしたら、

また春日井製菓のTwitterアカウントで企画が出た時に、

リツイートしてみると良いかも知れません。

トナカイ肉は北欧では高級食材で味も美味しいらしい!?

さて、肝心なトナカイの肉のお味ですが、

野生動物の肉って、臭みがあるから食べづらい、

というイメージですよね。

本場のフィンランドで食べるトナカイ肉は、

まるで鹿肉かラム肉のようで、

やっぱりちょっとクセや臭みが強め。

食べ方はステーキにしたり、煮込み料理にしたり、

カルパッチョにして生で食べたりなど。

火が通っていれば、それなりに食べやすいですが、

生だと臭みを感じやすくなります。

香草やチーズなどと一緒に食べるようにしましょう。

ちなみに、ステーキで食べる時は、

ジャムのような甘い果物のソースをかけて食べます。

果たして日本人の口に合うかどうか分かりませんが、

北欧では高級食材でもあるので、食べてみる価値はありますよ。

しかも、トナカイの肉は脂肪分が少ない赤身肉なので、

脂っぽい肉が苦手な人にはおすすめ。

日本でも北欧系のちょっとこじゃれたレストランでしたら、

扱いがあるところがありますので、

もし機会があったら食べてみても良いんじゃないでしょうか。

まとめ

トナカイの肉は、鹿やラム肉のような味で、

やっぱり臭みやクセがそれなりにあります。

でも、ジンギスカンやラムチョップが好きな人だったら、

きっと食べやすいと思いますよ。

ただし、ステーキにかけるソースは甘めなものが多いです。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク