日本の風習・祭

喪中で初詣はいける?葬儀後の参拝はいつからOKか解説します。

家族や親戚の人が亡くなり、喪中になってしまった時、

お正月に初詣に行っても良いのでしょうか?

 

 

喪中の時って、なんだか神社など神聖な場所に行っても良いのか、

ちょっと戸惑いますよね。

 

 

なんだかバチが当たりそうな気もするし…。

 

 

そこで今回は、喪中の時に初詣に行くのは是か非か、

素朴な疑問にお答えします。

 

 

葬式後の神社へはいついける?寺は大丈夫?

スポンサーリンク






 

近親者の死亡により、喪中になってしまったら、

お正月に神社の参拝は控えるべき、という話がありますが、

実際には、喪中ではなく忌中(きちゅう)の間は、

神社に参拝してはいけないのです。

 

 

喪中は故人を偲びつつも、元の生活へと戻っていく期間であり、

忌中は故人を偲び、身を慎んで外出や社交的な行動を控える期間です。

 

 

忌中の期間は、亡くなったのが親や配偶者なら、

ご不幸があった日から50日間で、

兄弟姉妹や自分の子供なら20日間

 

 

 

祖父母やその他の親戚が亡くなった場合は、

忌中の期間は1~3日ほどです。

 

 

 

つまり、その期間さえ過ぎていれば、

喪中であっても、神社にお参りしても大丈夫なんですよ。

 

 

ちなみに、なぜ忌中の時は神社に参拝してはいけないかというと、

神道では、死を穢れ(けがれ)と考えるのです。

 

 

また、神社にお祀りされている神様も、死の穢れを嫌うため、

身内にご不幸があり、まだ忌中が明けでないのなら、

鳥居より先には行かないようにしましょう。

 

 

ちなみに、初詣だけでなく、神前結婚式の出席や祭事など、

神社に足を踏み入れなければならない慶事も、

忌中の時は避けるようにした方が良いですね。

 

 

忌中でも参拝してしまうと、

死の穢れを神前に持ってきてしまうことになるため、

神道ではとっても不敬な行為になってしまうんです。

 

 

そうすると、せっかく祈願をしても、

意味がないばかりか、神罰が下るとも言われているので、

神社への参拝はやめておきましょう。

 

 

でも、忌中に初詣に行くこと自体がいけないわけではないです。

 

 

忌中だけれど、どうしても初詣に行きたい場合は、

神社ではなくお寺に行くようにしましょう。

 

 

お寺ならば、忌中に行っても構いませんよ。

 

 

 

合わせて知っておきたい、鳥居がくぐれない場合。生理でも良くない!?

女性にとっては、かなり理不尽なことなんですが、

生理中も鳥居をくぐってはいけない、という話があるんです。

 

 

その理由は、生理中の女性は不浄であると考えられていたため、

神聖な神社に入ってはいけないとされてきたからなんですね。

 

 

でも実は、生理中の女性が汚いから参拝できない、

ということではなく、生理中は女性の身体が弱っているから、

無理をしてはいけない、ということだったんですよ。

 

 

実際に、神社に従事する巫女も、

生理の期間中は無理のないように、

業務内容が制限される場合もあります。

 

 

つまり、女性の身体を気遣って、無理して参拝しなくて良いよ、

ということだったんですね。

 

 

だから、別に、無理をしていないのであれば、

参拝者はそこまで神経質にならずに、

生理中であっても、普通に鳥居もくぐって良いし、

参拝もして大丈夫なんですよ。

 

 

まとめ

 

 

身内にご不幸があった時、喪中であっても、

忌中が明けていれば、初詣に行っても構いません。

 

 

また、忌中であったとしても、

お寺に初詣に行くことは問題ありませんよ。

 

 

また、生理中の女性が神社に参拝すると不敬になる、

ということはないですので、身体を労わっているのであれば、

鳥居をくぐることも、お参りすることもOKなんです。

 

 

ということで、神社への参拝は、

忌中の時だけ避けるようにしましょう。