食べ残しは仕方ない!? 猫が餌を少しずつ食べるのには理由がある?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

こんにちは!

可愛い家族を迎えられて

ドキドキな毎日ですね♪

猫ちゃんがご飯を残して心配?

なるほど…。

そのお悩み

この記事を読んで解消しましょう☆

今回は

猫ちゃんのご飯について

まとめていきます!

 

 

病気じゃなかった!猫が餌を少しずつ食べるのには理由がある?

そうなんです。

猫ちゃんが少しずつ食べるには

ちゃんと理由があります!

それでは説明していきますね♪

◆本能

猫も元は野生の生き物でした。

次はいつ食料が手に入るか

わからなかった猫たち。

必要な分だけ食べて

残りは明日に残していました。

他には

素早く動くために

満腹まで食べない説もあります。

もちろんこの本能が残っておらず

出されたご飯をすべて食べている

猫ちゃんもいますよ♪

◆胃の容量の問題

人間の新生児の胃の容量は

50mLで、2歳で500mL。

大人になると1,500mLから1,800ml

入るようになります。

それに比べて

体重が3kgの猫で180mLの

容量しかありません。

(4kgなら240mL)

胃の容量が少ないことに加えて

ご飯を残しておく本能が

残っているとすれば…

少ししか食べないのも頷けます。

◆給餌量

猫にあげるには多すぎる量を

与えていませんか?

猫ちゃんが残さない量を

セットしてあげましょう。

◆ネオフィリア

猫はグルメだと言われる由縁ですね。

食べていたご飯に飽きて

食べたり、食べなかったりすることです。

ネオフィリアは猫の習性の1つです!

今のご飯が好みではなくなって

急に新しい味・香り・触感・舌触りを

求め始めるんです。

その場合は新しいご飯を

用意してあげるか

ひと手間加えてあげましょう☆

出汁パックに

いりこや鰹節を入れて

パックとドライフードを一緒にして

ラップをかぶせましょう。

香りがフードに移って

新しいフレーバーになります♪

いりこや鰹節は

猫の身体にはよろしくないので

取り出してくださいね♪

ウェットの場合は

少し温めてあげると

香りがたって食べてくれることがあります。

◆フードが古い

猫ちゃんは食に厳しい動物です。

フードの酸化した臭いや

湿気た触感

これらが猫の食欲を減少させます。

ドライフードは一度開けたら

1ヶ月で使い切るか

新しいものに変えてあげましょう!

もちろん密封して保管してください☆

ウェットの場合は

密封して冷蔵保存が好ましいです。

ウェットはドライに比べて

保存かきかないので

その日のうちに処分しましょう。

臭い関連で言えば

ご飯を入れている食器の臭いも

大切です!

毎食ごとに洗ってあげましょう。

 

 

 

猫の少しずつ食べる習性に合った正しい餌のあげ方とは?

成猫では1日2回の食事が適切です。

(ドライフードを食べ始めた子猫と

老猫は1日3~4回)

なぜ2回か…

尿路結石の予防として

2回といている飼い主様が多いのです。

ご飯を食べると

胃酸がでますよね?

この胃酸が分泌されると

尿のアルカリ性が強まるんです。

アルカリ性が強まると

尿石(ストルバイト結石)が

結晶化しやすくなってしまうんです!

尿石だけではなく

菌が増えやすい環境になるので

膀胱炎なども発症する確率が高まります。

このストルバイト結石は

酸性が強まると、溶ける性質があります!

なので

食事回数を減らして

アルカリ性が強まる時間を減らすのです♪

しかし…

メリットばかりではありません。

酸性が強まることで

結晶化する尿石もあるからです!

その結石が

シュウ酸カルシウム結石です。

それ以外にも

・空腹のあまり胃液を吐いてしまう

・勢いよく食べ過ぎて嘔吐する

・身体も栄養を蓄えようと

吸収が良くなるので

太りやすくなる。

中には自分のペースを持っている

猫ちゃんもいます。

その場合は

猫ちゃんと獣医師さんと

相談して食事回数を決めましょう!

動物病院には

体調が悪くなった時だけでなく

健康を維持するために

通うことも大切です!

1日に食べるべきご飯の量は

成長段階・骨格・運動量・体調・体系

などで変わってきます。

給餌量は特に

ネット情報を鵜呑みにせず

獣医師さんに確認しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

猫ちゃんの食事1つでも

いろんな情報が出てきました♪

猫ちゃんはお話できないので

可能な限り気持ちを汲み取って

獣医師さんと猫ちゃんの

健康をサポートしてあげてくださいね!

この記事があなたの参考になれば幸いです☆

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク