古くなったマニキュアを一瞬で蘇らせる方法!捨てるしかない場合の処分方法も解説します。

アドセンス本文上

スポンサーリンク

マニキュアって、値段が安いし種類も豊富で、

ついたくさん買っちゃうんですよね。

今はかなり数が減りましたけど、

私も大量のマニキュアをずっと自宅に

眠らせていたことがあります。

そして、いつの間にか忘れ去られたマニキュアたちが

固まってドロドロになり、無残な姿になっていくわけです。

このように古くなってしまったマニキュアは

捨てるしかないのでしょうか?

今日の記事では、古いマニキュアをよみがえらせて、

再利用するための方法をご紹介していきます。

驚き!古くなったマニキュアを一瞬で蘇らせる、その方法とは?

一番のおすすめは

市販の「エナメル薄め液」を加える方法です。

1回に使う量はわずか数滴で十分。

エナメル薄め液は100円ショップでも売られていますよ。

ほんのちょっとしか使わないのに、

わざわざ薄め液を買うのはもったいないと思う人は、

目薬を代用してもいいでしょう。

エナメル薄め液と同じように、

目薬を数滴ほど古いマニキュアに投入し、

適度にかき混ぜたらOK!

この“適度に”というのがポイントで、

目薬を入れてかき混ぜすぎると、

気泡ができてしまうので注意して下さいね。

それから、もう一つの注意点が除光液の使用です。

除光液を使って古いマニキュアを薄めるのはやめましょう!

マニキュアが分離してしまうかもしれませんし、

除光液入りのマニキュアは太陽光などにより

瓶が割れる可能性も指摘されているので危険です。

たった数回しか使っていないのに、

もうマニキュアが固まっている!

マニキュアの中身がドロドロで、

爪にキレイにぬれない!

実は、このような古いマニキュアは

割と簡単に復活させることができるのですね。

瓶は不燃、中味は可燃!だから捨てにくいマニキュアの捨て方

とりあえず、古くてもう使えないと判断した

マニキュアは潔く捨ててしまいましょう。

その際、マニキュアの中身・キャップ・瓶は

別々に捨てなくてはなりません。

■マニキュアの中身の捨て方

まず、可燃性であるマニキュアの中身を出しましょう。

固まっている場合は先ほどの薄め液を使って出して下さい。

こうやって出したマニキュアの中身は

古新聞などに染み込ませれば、可燃ごみとして廃棄できます。

■マニキュアのキャップの捨て方

マニキュアのキャップが可燃ごみか不燃ごみかは

お住まいの自治体によって異なります。

もし、キャップが不燃ごみであっても

マニキュアの瓶と一緒に捨てず、必ず別々に処分すること。

可燃性の中身が少しでも残っていれば、

キャップを閉めた状態の瓶が気温の上昇などにより

破裂する可能性があるからです。

■マニキュアの瓶の捨て方

先ほどもお伝えしましたが、

マニキュアの瓶は必ずキャップを外した状態で

不燃ごみとして捨てて下さい

マニキュアの使用期限ってあるの?

そもそもマニキュアに使用期限はあるのでしょうか?

実は、マニキュアの使用期限というのは

明確に定められていないのが現状です。

一般的に、化粧品の使用期限は未開封で2年~3年程度なので、

マニキュアもそのくらいだと考えておいた方がいいでしょう。

当然ながら、開封すると酸化が進むので、

期限はもっと短くなります。

古いマニキュアは乾きにくかったり、

キレイにぬれなかったりするので、

自分の感覚で「使いにくいな」と思ったら、

素直に買い替えた方が無難です。

どうしても捨てるのが惜しい…プラバン製作で活躍できる!

どうしても捨てるのが惜しいという人は、

プラバンアクセサリーの着色に古いマニキュアを

使ってみてはいかがでしょうか?

プラバンアクセサリーは自分で簡単に作れますし、

着色にマニキュアを使うと、ラメが入ったりして、

とてもかわいい仕上がりになりますよ。

マニキュアを使ったプラバンアクセサリーの作成方法は

こちらのサイトに詳しく書かれているので、

よろしければ参考になさって下さいね。

プラバンをマニキュアで着色してみよう!

水性ペンやクレヨンでもできるの?

http://pinky-media.jp/I0019722

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク