プールで肌荒れするこども達を救うために知っておくべき塩素の仕組み

アドセンス本文上

スポンサーリンク

夏になると学校や施設などの

プール開きが始まりますよね。

暑い夏に冷たい水の中に入るのは

とても気持ち良く楽しいですが、

その際に気を付けたいのが

プールに多く含まれるという塩素

この塩素で肌荒れ、

湿疹を起こしてしまうという

肌トラブルにもなり兼ねないので

敏感肌や乾燥肌そしてアトピーを

持っている子供には注意が必要です。

そこで今回は、

プールに多く含まれる塩素から

子供の肌を守る為は

どうしたら良いのかを紹介します。

プールの塩素から肌を守るにはシャワーで充分に塩素を落とす事が必要

プールには多くの塩素が

含まれていると言われており

敏感肌、乾燥肌、アトピーなどの子は

気を付けなければいけません。

しかし、肌が弱い子でも

皆と同じようにプールに

入りたいですよね。

そこでプールの塩素から

肌を守る為に必要な事は

プールから上がったらすぐに

塩素を体から落とす

シャワーをする事です。

すぐに洗い流せば

塩素の付着時間が短くなり

肌への影響も少なくなります。

また、シャワーだけでは

塩素がしっかり落ちているか

不安という方には

ビタミンCを取り入れる事を

おススメします。

ビタミンCは塩素を中和する

働きを持っています。

ビタミンCを使う時は

シャワーで塩素を流す時一緒に

ビタミンCの粉末を

水に溶かし肌にかけます。

その後はしっかり

シャワーで洗い流しましょう。

また、シャワーを使う時には

洗いすぎても乾燥のもとと

なってしまうので

洗いすぎには注意する事

そして肌を傷めないように

シャワーの水圧は弱めに

設定するようにしましょう。

そしてシャワー後にはしっかりと

乾燥を防ぐ為にも保湿する事を

忘れずに行うようにして下さい。

プールの塩素で湿疹ができてしまうこども達は乾燥肌になる事を防ぐ!

プールに入って肌荒れ、

湿疹になってしまった

経験のある人もいますよね。

その原因の一つに

乾燥という事が挙げられます。

詳しく説明すると

プールに入った際に肌に付着して

洗い落とせなかった塩素が

肌を刺激して肌のバリアを低下させ

肌の表面を乾燥させてしまい

その結果、肌荒れや湿疹を

引き起こしてしまっている

という事になります。

という事は

肌が乾燥する事を防げれば

プールの塩素で湿疹や肌荒れに

なってしまう事も少なくなってくる

という事が言えますよね。

そんな乾燥肌を防ぐアイテムとして

おススメなのがワセリンです。

ワセリンをおススメする理由として

ワセリンには皮膚を保護してくれる

力があるからです。

ワセリンを塗る事で

鎮痛、消炎、鎮痒、皮膚の保護の

効果があるのはもちろん

肌表面に油膜が張られ肌の角質層の

水分を蒸発するのを防いで

皮膚の乾燥を予防します。

そんな乾燥にもってこいのワセリンですが

気を付ける事があります。

それは、

ワセリンを塗れば乾燥が防げるので

プールに入る前にワセリンを塗ってから

入りたい所ですが、塗ったワセリンが

プールの汚れの原因になってしまうことも

考えられるので、プール後のケアとして

使用するようにしましょう。

ワセリンを塗る時も塩素を落とそうと

また乾燥をしっかり防ごうとゴシゴシと

塗ってしまう人もいるかと思いますが

ゴシゴシと塗る事で

肌表面を傷つけてしまい逆に肌荒れ、

湿疹の原因になってしまうので

優しく馴染ませるように

塗るようにしましょう。

<まとめ>

今回は、

プールに多く含まれる塩素から

子供の肌を守る為には

どうしたら良いのかを紹介しましたが

いかがでしたか?

肌の弱い子でも皆と一緒に

楽しくプールに入りたいですよね。

その為にも是非、

この記事を参考にして頂き

プールに含まれる塩素で肌荒れ、

湿疹になるのを防ぐ為に

しっかりと塩素を落とし、

その後のケアも怠らないようにしましょう。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク