帰省時の哺乳瓶の消毒が地味にめんどくさい。みんなどうしてる?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

生まれたての赤ちゃん。

私は赤ちゃんの

ミルクくさい匂いが大好きです。

赤ちゃんは見るだけで笑顔にさせてくれる、

唯一無二の存在ですね。

そんなかわいい赤ちゃんのためなら

なんでもしてあげたい!

けど、毎日の哺乳瓶の消毒・・・

けっこう地味にめんどくさいんですよね。

なんで哺乳瓶って

消毒しないといけないんでしょうね?

お腹の中の赤ちゃんは

「免疫グロブリン」という免疫を

お母さんからもらっています。

けど、このお母さん由来の免疫グロブリン。

生まれると徐々に減少していき、

3~5カ月ごろには

ほとんど消滅してしまいます。

ちょうどその頃に初めての

予防注射がありますね。

免疫が無くなる時期なので、

弱毒性の予防接種が組まれているわけです。

大人では何ともない菌でも、

免疫のない赤ちゃんには

おおごとになるわけです。

だから、洗浄や殺菌、

消毒はこまめにしないといけないのです。

自宅での消毒なら、

哺乳瓶の本数増やして

1日1回の消毒で良いけど、

旅行や帰省、特に旦那の実家に

帰省するときって大変ですよね。

家でやってるやり方をそのままするにも、

荷物が多くなるし、場所も取るし、

気も使わないといけないし・・・

そんな時に使えるのが、

フリーザーバックです。

液体が漏れないように

しっかりした作りのもので、

哺乳瓶がしっかり入る

大きさのものが最適です。

あとは、500mlのペットボトル

ミルトンなどの薬剤です。

この薬剤も、大きなボトルのまま

持って行くのではなく、

1回分ずつ、醤油さし(小さなボトル)

などに入れておくと便利です。

最近では、タブレット状のものもあるので、

それを使うのもいいですね。

500mlのペットボトルは

水を測るために使います。

使うフリーザーバックに合わせて

ペットボトルの大きさを決めると

良いかもしれないですね。

あとはいつもしているように

使用済の哺乳瓶を浸けるだけです。

薬剤を使うのは抵抗がある。

とういのなら、

電子レンジでの消毒もあります。

我が家はお出かけのときは、

これをよく使っていました。

専用のケースに哺乳瓶が入っています。

そのため、持ち運びもこのケースに入れて

持っていけるのがとても便利です。

あと、スポンジですが、我が家では

小さめにカットして持っていっていました。

哺乳瓶専用のスポンジだとしても、

なんとなく不衛生に思えてしまうので、

小さめにカットしたスポンジを多数持参し

使うたびにサヨナラしていました。

ちょっともったいない気がしますが

これもかわいいわが子のため。

そんなに長い期間するわけでもないので

頑張りましょう。

いつまで消毒したらいいの?哺乳瓶消毒をやめるタイミング

スポンサーリンク

そういえば、この哺乳瓶の消毒って

いつまですればいいのでしょう。

哺乳瓶を使わなくなるまでずっと?

そんなに長い期間ではないけど、

ずっと消毒をするのも大変だし、

お金もかかりますよね。

一般的には6カ月ごろまで

消毒をしたほうが良いようです。

6か月。

赤ちゃんが指しゃぶりを

し始める時期ですね。

いろんなものに興味を持ち始め、

なんでも口に持っていく

時期でもありますね。

そうなると、

赤ちゃんが口にするものは

哺乳瓶だけじゃないので

哺乳瓶をいくらきれいに消毒しても

意味がないのです。

赤ちゃんが指しゃぶりをし始めたら

哺乳瓶消毒をやめるちょうどいい

タイミングかもしれないですね。

また、6カ月を超えていたら、

帰省や旅行のタイミングでやめる

というのも良いかもしれません。

まだ哺乳瓶の消毒がやめられない!と思った時に使える簡単裏技

6か月くらいから

哺乳瓶の消毒をやめてもいい。

と言われても、

やっぱりちょっと心配ですよね。

まぁ、無理にやめる必要はないと思います。

赤ちゃんの成長もそれぞれですし、

消毒の頻度を少しずつ減らしていって、

離乳食が始まってきたら、

徐々に哺乳瓶も使わなくなる。

そしたら消毒はしなくなります。

それで良いと思います。

ただし、梅雨や夏の暑い日など、

雑菌が繁殖しやすい時期や、

赤ちゃんが体調を崩している時期なんかは

逆にしっかり消毒してほしいですね。

まとめ

哺乳瓶に限らず、

細菌って目に見えないものです。

大人だったら大丈夫な菌でも、

赤ちゃんにとっては

怖い病気の素になることもあります。

赤ちゃんの病気の時の姿は、

ほんとに胸が張り裂けそうなくらい

つらいものです。

乳児期の帰省は荷物が増えて大変ですが、

哺乳瓶の消毒セット

ぜひ持って行ってくださいね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク