還暦の厄払いを頂いたらそのお返しはいつまでにすればいい?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

還暦の厄払いのお祝いを頂いた場合は、

1ヶ月を目安にお返しをしましょう。

還暦祝いと還暦厄払いを

一緒に行う場合があります。

そのような時には

お祝い当日の席で手渡します。

郵送でお祝いを贈られてきたときには、

早い時期に贈り返し、電話や手紙で

感謝の気持ちを伝えることを

忘れないで下さい。

厄年の厄払いのお礼の内祝を返すのはどの時期までが適切?

厄払いのお祝いをして頂いたら、

内祝としてお礼を贈り返しましょう

目安としては、

お祝いを頂いてから1ヶ月です。

厄年をした人が(あなたが)、

厄落としとして多くの人に厄を分けて

自分に降りかかるであろう災いを

軽くしましょう、

という意味が込められています。

厄払いがお祝いというのは

何だか変な感じがしますが、

地域によっては

今もなお続けられている風習です。

厄を分けるという意味で、

お返しの品物は残らない物が適しています。

日用品やお菓子などを選んでください。

お返しの金額は頂いたご祝儀の

3~5割の金額を目安に品物を用意しましょう。

高額なお祝いを頂いた時は、

半返しの考えから

お返しも大きい金額になりかねませんよね。

その場合は家族や親族を集めて

宴会を開くこともあるようです。

みんなで楽しく過ごすことも

いいかもしれませんね。

厄明けのお返しに付けるのし紙にはどのような事を書けばいい?

厄明けというのは、厄年を過ぎて

最初の年のことをいいます。

この年にやることは、

厄年の間に無事に過ごせたことの

お礼と感謝を込めて、

贈り物を頂いた方へお返しをしたり、

厄除けでお世話になった神社に

お礼参りをします。

お返しを贈る時は

「5本結切り祝」ののし紙を使用します。

表書きは、

・厄除け内祝

・厄払い内祝

といった様に、

真ん中に「け」「い」を入れて5文字にします。

4文字=「死」を連想するため

避けて書き入れます。

相手が喪中の場合は「御礼」と

書いてください。

ただ品物を贈るだけでなく、

御礼の手紙やメッセージを添えて

お返しをしましょう。

地域によっては親族以外からも

厄年のお祝いをしてもらうようです。

職場や同僚など様々ですが、

厄わけとして御礼の品物を

贈り忘れないようにしてください。

❤ 最後に ❤

厄年で厄払いをする意味をご存知ですか?

はるか昔から日本にある風習ですが、

厄年は悪いものというイメージが

付いていますよね。

「災いなどが起こりやすい時期」

という意味があります。

実は精神的にも肉体的にも

変化が起きやすい年齢なので

注意しましょうね、

という意味合いもあるのです。

厄払いをして安心せず、

自分自身でも「健康面や肉体面で

気をつけなければいけない年齢だ」

ということを日々忘れないようにしましょう。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク