生活の知恵

秋の抜け毛は怖くない!髪が薄くなると心配する前にやりたい頭皮ケア

秋は何故だか薄毛になる気がする人いませんか?

毎年同じ悩みに振り回されるのも辛いですよね…

自然現象だから仕方ない?

 

いえいえ!

髪が薄くなる原因があるのですから

予防も可能ですよ♪

 

そこで今回は秋の薄毛と予防法について

まとめていきます。

 

 

秋に髪が薄くなる原因とは?

スポンサーリンク






秋に髪が薄くなる原因は

ヘアサイクルが関係しています。

まずヘアサイクルは3つの期間にわかれています。

 

◆成長期

成長期の期間はそれぞれ異なりますが

平均では4年から6年です。

 

髪の毛の始まりは

毛穴の中で細胞が何度も

細胞分裂を繰り返すことから始まるのです。

 

私たちの髪の毛が細胞で出来ているなんて

驚きですよね!

 

◆退行期

髪の毛は成長期を終えると退行期に突入します。

毛穴と毛根のつながりが徐々に細くなっていきます。

 

シャンプーやドライヤーなどのささいな刺激で

簡単に抜けるようになります。

これらが原因で抜ける髪は

1日に50~100本です。

 

こんなに抜けているのに

髪の毛が保たれているのは

次から次へと新しい髪が育っているからなのです♪

 

◆休止期

退行期を抜けると休止期に突入します。

この時期に突入した毛穴は

次の髪を育てるための準備をしている段階です。

 

髪の毛が薄くなる原因は

このヘアサイクルの乱れです。

特に成長期が影響しています。

 

この時期が十分でないと

毛穴と毛根のつながりは弱く

細く抜けやすい毛になるのです。

そのため少しの刺激で抜けてしまいます。

 

成長期間が短いというのは

細い髪になってしまうだけでなく

それだけ早く退行期に突入するということです。

これらのダブルパンチによって

髪が抜けやすくなります。

 

そして気になっている

秋と薄毛の関係性についてです。

実は髪の成長の期間と

気候はリンクしていると言われています。

気温が高いと

成長期が短くなってしまうのです。

 

そのため、成長のピークを終えた髪が

夏の終わりや秋口に抜けていってしまう…

というわけですね。

 

 

理由がわかれば解決できる!おすすめの頭皮ケア

ヘアサイクルの乱れが原因なら

その乱れを解決してしまえば問題はありません♪

ではどのようにすれば

ヘアサイクルを戻せるのかを紹介していきます!

 

夏の気候をどうにかするのは無理な話なので

いかに早くサイクルを戻せるかが

鍵になってきます。

 

◆ストレス

ストレスでハゲた…というのは

実際にありうることです。

サイクルを戻すために

ストレスは少しでも減らしておきましょう。

 

しかし今はストレス社会。

外に出れば何かしらのストレスが

ふりかかってきます。

そこで実践していただきたい

ストレス発散法があります♪

 

ジャン!!

www.skincare-univ.com/article/013977/

 

こちらのページにまとめられているように

質の良い睡眠はストレス解消にとても有効です!

こちらのページを参考にして

睡眠の質を高めましょう!

 

◆食事

私たちの髪は細胞でできていますので、

飲み食いしたものが髪の成長に直結している

ということなのです!

 

食生活を振り返るとどうですか?

味の濃いもの

油の多いもの

お酒などなど…

薄毛まっしぐらな食生活を送っていませんか?

 

そんなあなたは

こちらのページがおススメです!

↓ ↓ ↓

https://hagelabo.jp/articles/608#item-1466756

 

髪の毛の成長に良い食材が

沢山紹介されているので

ぜひ、目を通してみてください♪

 

◆頭皮マッサージ

面倒だからという理由で

ないがしろにしていませんか?

頭皮マッサージは頭皮環境を整えるのに

とても適しているのです♪

 

マッサージのメリットを紹介しましょう!

 

・毛穴の汚れが取れる

毛穴のつまりは

髪の成長に悪影響しか与えません!

 

・頭皮の血行が良くなる

頭皮の血行が改善されると、

毛穴への栄養供給が

スムーズになり質の良い髪が育ってくれます。

 

いかがですか?

頭皮マッサージの重要性を

理解していただけましたか?

最後にマッサージ方法を紹介しておきますね♪

↓ ↓ ↓

https://allabout.co.jp/gm/gc/195610/2/

 

 

まとめ

ヘアサイクルや改善方法を

紹介してきましたがいかがでしたか?

 

夏の気候をどうにかするのは無理な話なので

出来る限り髪に優しい

生活を心がけてみてください