厄年のお祝いを頂いたらお返しすべき?いつまでに返せばいい?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

あなたが厄年の祈願祝いとして

お祝いを頂いたときは、

迷わずお返しをしてください。

お返しをする目安としては、

1ヶ月以内を目安にしましょう。

厄年を心配してくれた親戚や家族などに、

感謝の気持ちを込めて

お返しをしてくださいね。

厄年のお祝いを頂いた後のマナーは?お返しする必要はあるの?

自分が今年度は厄年の年齢になり、

親族や家族や色々な方から

厄年のお祝いを頂いた場合は

お返しをする必要があります。

あなたに降りかかる色々な災難を、

たくさんの人に分散して

厄を軽くしてもらいますよ、

という意味が込められています。

そういったことから、

厄年の御祝いのお返しは

すぐに消えてなくなるものを連想してください。

たとえば洗剤やお菓子などがおすすめです。

地域によっては、

家族や親族を集めて宴会が開かれる場合もあります。

厄年なのにお祝いという発想は

「?」マークですが、

みんなで厄をわけてもらえるということは、

自分自身も気持ちが楽になりますよね。

通常の厄年の場合は、

お寺に行って厄払いをしたり、

厄除けのお守りを購入したり

ということが一般的ですよね。

私もそのひとりです。

厄年のお祝いをしてもらえるということは、

親族、家族に気にかけてもらえている証拠です。

地域によって根強い風習ではあるものの、

とても現代の社会では考えられない

親族、家族とのつながりを感じます。

そして、お返しをするときには包装した品物の

上にのしをつけるのを忘れないようにしましょう。

のし紙は5本結切り祝いを用いて、

「厄除け内祝」

「内祝い」

「厄払い内祝」

と書いたのしをつけてください。

厄年のお祝いを頂いたらお返しの金額は頂いた金額の何割に設定する?

厄年の御祝いのお返しは、基本半返しとなっています。

3~5割といったところが妥当です。

ご祝儀と一緒に品物をもらう場合もありますので、

合わせた金額の3~5割で計算して

お返しをしましょう。

高額なご祝儀を頂いてしまう半返しも

大変な金額になってしまいます。

そんな時は、少し控えめな金額で

お返しを選ぶと良いですね。

または、皆さんでお食事会を

開くのはいかがでしょうか。

❤ 最後に 

私は「厄年の御祝い」ということ自体をはじめて聞きました。

家族や親族または職場に人たちに、

厄年まで気にかけてもらっていることは

非常に幸せなことだと思います。

たとえ地域の風習かもしれませんが、

忘れてはいけない思いやりですよね。

これからは、両親の厄年を

家族で御祝いしてあげたいです。

突然「厄年の御祝いね。」

と言ってもびっくりするでしょうから、

日本には厄年を祝うおもしろい風習がある

ということを話してみようと思います。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク