室外機も夏の暑さが苦手!すだれで電気代が節約できる付け方

アドセンス本文上

スポンサーリンク

こんにちは♪

今年も暑い季節が

やってきましたね!

夏がやってくると

徐々にあがってくるアレ。

電気代です。

どうしても

エアコンのお世話になるので

電気代が上がってしまいます。

家計には大きな痛手ですよね…

そこで今日は

朗報を持ってきました♪

ホームセンターでも購入できる

すだれ”!

実はこれで簡単に

節電が出来るんです☆

すだれの付け方や注意点を

説明していきます。

興味があれば

是非、読んでいってくださいね♪

 


 

室外機の見た目もすっきり!すだれの付け方アイディア集

スポンサーリンク

まずはすだれの付け方を

紹介していきますね☆

必要性については

その後で説明していきます!

◆1メートルの隙間

すだれは室外機から

1メートル離して設置しましょう。

室外機に近すぎると

温風の排出に支障が出てしまったり

熱がこもりやすくなって

電気代がかさんでしまいます。

遠すぎても日光が当たるので

注意しましょう!

室外機の1メートル内には

プランターや鉢植えなど

空気の排出を妨げるもの

置かないようにしましょう☆

守るのは、たった1つの

ポイントだけ!

とっても簡単ですよね?

室外機に日が当たらないように

すだれを設置するだけで

節電できるなんて!

電気代も節約できて

夏らしさも感じられるので

おすすめですよ♪

参考にしたサイトは

コチラです。

↓ ↓ ↓

https://kagu-note.com/how-to-set-reed-screen-3470

他の設置方法についても

詳しく解説がついているので

目を通してみてください!

それでは、なぜすだれが

節電につながるのか…

その理由を説明しておきます。

冷たい空気を出すために

室外機に組み込まれている

ある部分がポイントです。

何かご存知ですか?

冷媒という部分です。

室外機の中では

この冷媒を冷やす作業が

常に行われています。

冷えづらいと、

エアコンの効きが悪かったり

無駄な電気代がかかります。

なので

室外機が日光に当たって

高温になっていると

マズイというわけです。

室外機からは

温風が出てきますよね?

あれは室内の熱を

外に出しているからなのです。

室外機本体が熱くなると

この排出にも無駄な電気を

消費してしまいます。

すだれの必要性を

理解していただけましたか?

 


 

こんなすだれの付け方はNG。そのすだれ、強い風が吹いても大丈夫?

せっかくすだれを設置しても

強風で飛ばされては

お話になりません!

すだれを設置するには

引っかけるフックを

接着剤でつけるタイプ

冊子に挟むタイプ

磁石タイプ

などがありますが…

私がおススメしたい方法は

コチラです!

↓ ↓ ↓

http://niro.blog.so-net.ne.jp/2009-06-28

バンド!

なんとも斬新なアイデアですよね♪

物干し竿は

しっかり固定されているので

安心度も高いです。

バンド自体も軽いので

女性でも簡単に設置できます!

S字フックや

その他の方法もありますが

壁に接着剤が着いたり

強度に不安が残ったりと

心配な部分も多かったので

バンドを採用しました♪

すだれ本体の選び方についても

ポイントを紹介しておきます!

◆大きさ

室外機だけをカバーしたいのか

ベランダや窓までを

カバーしたいのか…

正確な縦×横の長さを

測っておきましょう。

サイズが合っていないと

不格好になってしまいます。

◆遮熱・遮光

すだれだけでも

日光はさえぎることが出来ますが

遮熱・遮光効果の高いものだと

より良いです!

◆品質

長く使いたいのか

夏ごとに取り換えるのか

長期的に使うのであれば

価格もそれなりのものが

必要です。

逆にひと夏でいいのであれば

それほどこだわる必要も

ありません。


 

まとめ

いかがでしたか?

今回はすだれの効果や

設置方法、注意点について

まとめました♪

今年の夏は

電気料金を気にせず

過ごせそうでしょうか?

ちなみに、室外機本体や

ベランダに打ち水をしても

電気代の節約につながりますよ♪

その場合は気温の低い

朝方や夕方を狙ってください!

この記事があなたの

参考になれば幸いです☆

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク