高速道路は休日割引を利用してお得に!ETCありなしでどう違う?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

あなたの車にはETC装置が付いていますか?

休日利用でお得になるなら、

使わないわけにはいかないですよね。

驚くことに、休日割引が適用される日であれば

30%の割引があります。

これはかなりの割引ですね。

得するためには、お出かけ前に

しっかりと確認しておかなければいけません。

それでは休日のETC割引についてご紹介します。

高速道路は割引を利用してお得に!適用条件や注意点は?

我が家の車にはもちろん付いていますが、

実際のところどのくらい割引になっているか

あまり知りません。

高速料金も後請求になっていますから、

正直気にしていませんでした。

でも請求書をよく見ると、

かなりの割引になっていることに気付きます。

割引は、これから家族のために

高速を利用しようとお考えのお父さんには

気になる情報ですよね。

それでは、高速料金の休日割引が

どのようになっているのかご紹介します。

<高速料金ETC休日割引>

・土曜、日曜、祝日は休日割引が適用されます。

・また、毎年1月2日、3日は

平日であっても休日割引が適用されます。

NEXCO東日本

地方区間(東京近郊区間以外)は

最大30%割引が適用されます。

NEXCO中日本

地方部区間(大阪近郊区間以外)は

最大30%の割引が適用されます。

対象休日の間に対象外である東京・大阪区間から、

対象内の地方部区間に乗り継いでも

休日割引は適用されます。

NEXCO西日本

地方部区間(大阪近郊区間以外)は

最大30%の割引が適用されます。

※地方部区間や対象外区間は、

 「ETC総合情報ポータブルサイト」

で確認ができます。

利用しようとしている区間を確認できますので、

お出掛けの際は利用してみましょう。

ETCありなしでどれだけ違う?料金を徹底比較!

ETCのありとなしでは通過の早さだけでなく、

かなりの割引適用があるため、

断然ETCを利用した方がお得です。

その他にも、

・平日朝夕割引

・休日割引

・深夜割引

・ETCマイレージサービス

の割引制度がありますのでかなりの節約ができます。

例えば、首都高速道路の料金を見てみると、

*軽・二輪:270~1,070円

 普通車 :300~1,300円

 中型車 :310~1,380円

 大型車 :390~2、040円

 特大車 :460~2,600円

となっています。

距離によって料金も変わりますが、

ETCを使わなければ少なくとも

この値段より3割増しになりますので、

やはりこの差は大きいですね。

※地方によってももちろん金額が変わりますので、

 E-NEXCOの「どらぷら」

で料金・ルート検索が可能です。

是非ご利用ください。

注意点

ETCの休日利用は、他の割引とは併用できないので

気をつけなければいけません。

例えば、ETCの深夜割引などは、重複して適用されません。

割引が重なった場合は、

高い割引のほうを優先的に適用されます。

❤ 最後に 

ETCの休日割引は土日祝日ですが、

例えば金曜日の夜に家を出発!

なんていう予定を立てたりしたら

気をつけなければいけません。

深夜割引は0~4時ですから、

0時前に出口に出てしまうと、

どちらの対象にもならないので気をつけましょう。

金曜日の23:59の出口は要注意ですね。

我が家ではサービスエリアで

時間調節をすることもありますよ。

皆さんもお出かけの際は

お得にETCを利用しましょうね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク