妊娠初期の服装選び!タイツは締め付けるからNG?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

妊娠すると、どんな服装をすれば良いのか

迷ってしまいますよね。

特に体を締め付けるような

服装は良くないと聞きますが、

まだお腹が目立たない妊娠初期でも、

タイツを着用するのは

ダメなのでしょうか?

それとも、お腹のところまで

上げなければ、

タイツをはいてもOK?

今回は妊娠初期におすすめしたい

妊婦さんの服装について紹介します。

妊婦はタイツ着用してはいけない?

妊婦さんでも

タイツを着用して大丈夫ですよ。

ただし、つわりが始まってくると、

苦しくなってくるので、

お腹を締め付ける服装は、

なるべく控えたほうが良いでしょう。

もしタイツをはくのなら、

タイツのウエスト部分が

お腹に当たらないように

着用してくださいね。

お腹が目立ってきたら、

マタニティタイツ

を着用すると良いですよ。

マタニティタイツとは、

ウエスト周りが

伸縮性のある素材で出来ているため、

お腹を締め付けにくく出来ています。

だいたい妊娠中期から

はきはじめる妊婦さんが多いですが、

つわりや冷えの対策のために、

妊娠初期からはき始めるのも

おすすめですよ!

カラーバリエーションも豊富だし、

見た目もオシャレで

可愛いものが多いので、

妊娠したら、なるべく早めに

買っておいても良いと思います。

肌が弱い妊婦さんはなるべく、

コットンやウール製

マタニティタイツをはきましょう。

まずは1~2枚くらい

マタニティタイツを買ってみて、

はき心地を確かめてみてください。

夏場でもはける

サラッとした素材のタイツもあるので、

季節に合わせて

揃えていくのがおすすめです。

普通のタイツより窮屈感がないので、

安心して着用できますよ!

妊娠初期からはもちろん、

お腹が大きくなった

妊娠後期でもはけるので、

長く使っていけます。

妊娠初期ならこの服装がおすすめ!

お腹に赤ちゃんがいる間は、

とにかく冷えないようにすることと、

なるべく体を締め付けないように、

ゆったりとした服装が大事。

まだマタニティウェアは必要ないとしても、

ジャンパースカートや巻きスカートなど、

お腹周りに負担をかけない

服装をしてくださいね。

また、春と秋は昼と夜で

気温にかなり差があるので、

お腹周りを冷やさないように、

腹巻などをしておくと良いですよ。

ちなみに腹巻にも、

妊婦さん用のものがあるので、

寒さ対策のために買っておくと安心。

夏場は暑いから油断しがちですが、

冷房で冷えてしまうこともあります。

夏場は、ロング丈のワンピースなどを着て、

冷えないように

カーディガンを持ち歩きましょう。

マタニティタイツも薄手で、

冷感素材のものがおすすめ。

そして冬場は、

裏起毛のマタニティタイツが良いですよ。

インナーも保温タイプのものを

着用しましょう。

ちなみに下着も、妊娠したら

お腹まで隠れるような、

ゆったりとした

大きめなものを選んでくださいね。

そうすればお腹を冷やすことがないので、

赤ちゃんも健やかに成長します。

また、妊娠すると、ブラジャーが

きつくなってくることがあります。

その場合は無理して付けずに、

パッド入りのキャミソールなどに

変えるようにしましょう。

だんだんお腹が目立つようになったら、

マタニティウェアを

着るようにすればOKです。

初めての妊娠だと、

分からないことだらけで、

すごく不安になってしまいますよね。

でも、妊婦さんの服装や

日常的な様々なことも、

産婦人科の担当の先生に

相談すれば大丈夫なので、

そこまで不安にならずに

生活していきましょう。

まとめ

妊娠初期の妊婦さんでも、

タイツは着用してOKです。

まだお腹が目立たないようなら、

普通のタイツでも構いませんが、

ウエスト部分を

お腹に当てないようにはきましょう。

もしくは、マタニティタイツなら

妊娠初期からはけるので、おすすめですよ。

薄手のものや裏起毛のもの、

冷感素材のマタニティタイツがあるので、

季節に合わせて揃えていきましょう。

そして妊娠したら、

お腹周りを冷やさないことと、

ゆったりした服装をすることが大事です。

特に寒い時期は赤ちゃんのためにも、

しっかりと温かい服装をしてくださいね!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク