日本の風習・祭

毎年迷うお歳暮、いつまで続ければいいの??

お歳暮を贈るのって、商品を選んだり挨拶状を添えてたり、

とにかく面倒。

 

 

贈る相手が多いと、なおさら大変ですよね。

 

 

出来ればお歳暮のやりとりをやめたいけれど、

なかなかタイミングはつかみづらいです。

 

 

そこで今回は、お歳暮を贈るのをもう終わりにしたい、

と考えている主婦の皆さんへ、ベストなやめ時を紹介します。

 

 

 

そろそろやめたいけど…やっぱり前年にもらった人には送るべき?

スポンサーリンク






 

お歳暮って、やっぱり去年も贈ってきた人には、

今年も変わらずに贈り続けた方が良いんでしょうか?

 

 

お歳暮って、そもそも日頃からお世話になっている人へ、

感謝の気持ちを込めて贈るものです。

 

 

そのため、もう付き合いがほとんどなく、

お歳暮のやりとりだけをしている関係なら、

贈るのをやめてしまって構いません。

 

 

ただし、自分やもしくは配偶者の職場の上司や、

親戚の人など、これからもまだ付き合いがある場合は、

変わらずに贈り続けるべきですが、

少しお歳暮の品を安いものにしても良いでしょう。

 

 

昔お世話になった恩師や、

遠方に住んでいて全然会う機会もない知人など、

交流がなくなった相手に贈っていた場合は、

贈るのをやめてしまうと良いですよ。

 

 

義務感だけでお歳暮を贈っていると、

相手にも失礼になってしまうし、

何より相手も、もうお歳暮のやりとりをやめたいな、

と考えている可能性が高いです。

 

 

そのため、まずはお歳暮をもう贈る必要がない、

という人をピックアップしましょう。

 

 

本当に贈る必要がある人にだけ贈れば、

かなりお歳暮の準備も楽になりますよ。

 

 

 

お歳暮の送りあい、辞め時が知りたい!!

 

もうお歳暮を贈らなくても良い相手はいるけれど、

肝心なのはその辞め時。

 

 

でも実は、お歳暮を贈るのをやめるタイミングは、

自分で決めてしまって大丈夫なんです。

 

 

例えば、この人にはもう贈る必要はないかな、

と思ったら、もうその年からやめてしまって構いません。

 

 

もしくは、出産や退職、引っ越し、子供の進学など、

生活環境が変わった時などにやめる、

という方法もあります。

 

 

でも、生活環境って、早々変わるものじゃないですよね。

 

 

だからこそ、もう贈らなくても大丈夫、

と決めたら、その年からお歳暮のやり取りをやめてしまいましょう。

 

 

ちなみに、お歳暮のやり取りをやめる時って、

何か挨拶状を送るべきなのか、迷いますよね。

 

 

でも、挨拶状などでお歳暮のやり取りを終了したい旨を伝えると、

相手に不快な思いをさせてしまうかも知れません。

 

 

そのため、一番スムーズなやめ方としては、

もう贈るのをやめること。

 

 

こちらからお歳暮を贈らなくなれば、

相手も次からは贈ってこなくなるはずです。

 

 

 

もし、急に贈るのをやめてしまうのに抵抗がある場合は、

相手からお歳暮が届いたら、こちらも一応お歳暮の品を用意して、

お礼状を添えて送付しましょう。

 

 

 

お礼状には、お歳暮を頂いたことへのお礼と、

『これからはどうぞお気遣いなく、よろしくお願い致します』

という文を入れておきます。

 

 

すると、相手ももう来年から贈ってこなくなります。

 

 

反対に、自分のところに同じ内容の挨拶状が届いたら、

もうお歳暮を贈るのをやめてしまって大丈夫です。

 

まとめ

お歳暮は、もう交流がなくなった人には、

贈るのをやめてしまって構いません。

 

 

やめるタイミングは、もう今年から贈るのをやめよう、

と思った年から。

 

一番スムーズなやめ方としては、

何も告げずに贈ることをやめてしまうことです。

 

 

もしそれに抵抗がある場合は、

『今後はお気遣いなく』、という内容のお礼状を添えて、

最後のお歳暮を贈りましょう。

 

 

やめる時って、ちょっと心苦しいですが、

思い切ってやめてしまうと、後々楽になりますよ。