賛否両論?!大型連休はいらないと考える人も多い!?その理由とは

アドセンス本文上

スポンサーリンク

ゴールデンウィークやシルバーウィーク、

年末年始やお盆など、

長期間休みが取れる大型連休。

家族や親しい人と旅行に出かけたり、

普段はできないようなことをしたり

家でゆっくりしたり。

それぞれ思い思いの休日を

過ごせる嬉しい時間ですが、

中には「大型連休なんていらない」

と考えている人も多いのです。

一体なぜ大型連休を必要ない

と思っているのでしょうか?

混雑必至の外出や休み明けの仕事の山!連休不要派の理由とは

スポンサーリンク

大型連休が必要ないと思っている人の多くは、

会社勤めの人や主婦などです。

働く人や家事や子育てに忙しい主婦にとっては、

連休なんて有難迷惑な部分もあります。

そんな連休不要派は、

連休のどこに不満があるのでしょうか。

大型連休が不要な理由①混雑がすごい

大型連休となると日曜や祝日が続き、

会社や学校が休みになるところがほとんどです。

日本中がみんな一斉に休みになりますので、

いたるところが人・人・人で大混雑します。

高速道路は渋滞でなかなか進まず、

商業施設やテーマパークはごった返して

長蛇の列で何をするにも待ち時間がかかる始末。

さらに、そんな連休を狙った

催し物やイベントが開催されるため、

余計にそこに人が集中してしまいます。

子連れの方は迷子の心配もありますし、

人が多すぎてぐずったり、

ベビーカーを押すのも

邪魔者扱いで見られて大変です。

子供だけでなく大人もぐったりしますよね。

大型連休が不要な理由②旅費が高くチケットがとりづらい

みんな大型連休を狙って旅行や帰省をしますので、

飛行機や新幹線、宿の予約などが集中します。

さらに、人気のある時期ですので

チケット代や宿泊代が跳ね上がります。

高いし空きがなくて取れないし、

行きたくても行けないという人も多いです。

みんな一斉に休みにしなくても、

少しずつずらして取ればいいのに…

とも思いますよね。

大型連休が不要な理由③連休明けの辛さ

楽しかった連休もあっという間に終わり、

次に待ち構えているのは仕事の山。

連休中にたまった仕事を

こなさなければならないけど、

まだ連休中の疲れが取れていなかったり、

逆にゆっくり休みすぎて

体がなまっていて辛い…ということもあります。

まとめて休むよりも、

コンスタントに休みが入る方が

気が楽な時ってありますよね。

大型連休が不要な理由④実質月や年間の休日数は変わらない

まとめて休みが取れるということは、

旅行に行ったり

何か時間のかかる作業をしたい人にとっては

ありがたいことです。

しかし、休みがまとまっているというだけで、

会社によっては実質の月間や

年間の休みの日数は変わっていない

というところも多いです。

私の職場でも、4週8休で

月の休日数が大体平均9日ですので、

連休があるとその分

他の週が連勤になりタイトになります。

そんなにまとめなくても

バラして連勤の疲れを分散させたい

と思うこともあります。

職種によっては休日なし!接客業や主婦が考える連休不要の理由

大型連休とはいっても、

あまり関係ない職種や業種もあります。

さらに、サービス業の方や主婦にとっては

休みの日こそ大変な時。

「“世間は”大型連休でいいよね」などと

他人事のように嘆く接客業や主婦にとって、

大型連休とはどのようなものなのか

を考えてみましょう。

接客業にとっては「稼ぎ時」であり「地獄」である

接客業やサービス業にとっては、

人が大勢押し寄せる連休中こそ、

仕事が忙しくなる繁忙期であり稼ぎ時であり、

また地獄でもあります。

次々に押し寄せる客にうんざりし、

またそんな時こそクレームも増えます。

客の総数が増えれば質の悪い客も増えますし、

周りの家族や友人たちはみんな休みなのに、

自分だけが休みがとれず

働き詰めで嫌になりますよね。

また、お医者さんや看護師さんなど

病院勤務の人も休みはありません。

交代で休みを取ってはいますが、

365日24時間入院患者さんの対応をし、

急患が来れば深夜でも

呼び出しに応じなければなりません。

休んでいては助かる命も助かりません。

人の命を救うお仕事ですので責任は重大です。

そして人って、休みの日に限って

ケガや事故を起こしますよね。

普段はしないようなことを

してしまうからでしょうか…。

主婦にとっては「休日こそやることが増える」日

主婦にとっては365日毎日が勤務日で

休みなんてありません。

掃除・洗濯・炊事を

しなくていいのであればやりませんが、

それでは家族が生活できません。

もちろん手伝ってくれる

家族がいればいいのですが、

なかなかそんなできた

旦那や子供はいないものです。

しかも休日になると、

普段学校に行っていていない子供が

家にいるため騒がしく、

掃除など家事をするにも邪魔になります。

一緒に遊んであげたり勉強を見たり、

外に遊びに連れて行けとせがまれたりもします。

共働き夫婦で普段会社勤めや

パート勤務している主婦なら特に、

休みの日こそまとめて家事をしないといけない日。

普段できない布団などの大物洗いや衣替え、

大掃除や食材の買いだめなど

この日にしておかないと後々困ってしまいます。

さらに旅行やレジャーなんて行っていたら、

旅行の準備から片付け、お弁当作りなど

朝から晩まで働き詰めでぐったりしてしまいますよね。

まとめ

大型連休は、

毎日の家事が仕事のような主婦や、

休日数の決まっている会社員にとっては

あまり必要性は感じられないものです。

むしろ、人混みや渋滞、旅費が高くなるなど

人が集中することによる弊害も多いので

不要と考える人も多数います。

全国一斉に同じ日に連休にしなくても、

少しずつずらしたり

人によって同月内で自由に取れるなど

できれば分散できるといいですよね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク