ベランダや、車の中に赤い虫が・・タカラダニの駆除方法は?寄せ付けないためには?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

天気が良い日に、ベランダで布団を干そうとふっと何気なく見たら…

 

「ゲッ!?何この赤い虫は?」

と驚いたことはありませんか。

布団を干そうと思っていても、

大量に赤い虫がいれば、干したくても干せませんよね。

だって、気味悪いし見たくもなし触るのも嫌ですものね。

そこで、この赤い虫の駆除と寄せ付けない方法を見ていきましょう。

赤い虫の正体は何?

スポンサーリンク

気温が暖かくなる春先やゴールデンウィーク頃から発生し、

夏の7月から8月頃にはいなくなる赤い虫。

大きさは、屋外のダニの中では大型の部類になり、

タカラダニ」と呼ばれています。

何故そんな名前が付いているのか

はっきりとした由来は分かりませんが、

とりあえず2つの説があります。

蝉の身体に小さい赤い虫がたくさん付いている様子が

宝を持っているように見えたからという説。

昔から水は宝と言われており、

ダニは水気がある場所を好むので、

赤ダニがいる場所が井戸を掘る場所になったという説。

どちらが本当の説かわかりませんが、

タカラダニの生態などは未だに分からない状況です。

タカラダニの発生する原因は?

春先から夏に向けて大量に発生するタカラダニ。

ベランダやコンクリートなどで大量に見かけるのは、

花粉やコケ、ハダニ、カイガラムシなどを食べるためのようです。

また、大量に発生する原因は…

タカラダニの産卵する時期だからという事です。

タカラダニを発見しても、メスしか見つかっていません。

オスはどうやらいないみたいで、

もし見つけたら大発見になります。

タカラダニは人に無害はないと言われていますが、

「不快な虫」ではありますね。

さて、このタカラダニですが…

基本的には放置しておけばいなくなりますが、

それでも早くて1週間から2週間、

長ければ7月までには消えていなくなります。

つまり、梅雨時期が終われば、ほとんど姿は見えなくなります

タカラダニが車の中に発生!煙系の殺虫剤って車の中で使ってOK?

いつの間にかタカラダニが車の中にいることがありませんか。

もしかしたら…

窓を開けたりドアを開けた時に車の中に入ったかもしれません。

タカラダニの駆除には、

室内と同じ方法で退治しちゃいましょう。

「車内で殺虫剤を使っても大丈夫なの?」

と不安になりますが、大丈夫です。

ただ、殺虫剤のスプレーを使ったら、

そのまま放置をしないようにしましょう。

そのままでは湿って潰れやすい状態になり、

完全な駆除にはなりません。

そこで!!

殺虫剤を使った後に掃除機できれいに吸っちゃいましょう

掃除機で吸うのが一番手っ取り早く出来る駆除方法と言えます。

ベランダにまで…タカラダニが現れた時に絶対してはいけないことは?

タカラダニを寄せ付けない方法の前に、

タカラダニをつぶさない事を先に

言っておきます。

特にベランダや物干し竿など衣類や布団干している場合、

絶対に潰してはいけません!!

衣類や布団に付いていたりベランダなどで見かけたら、

一目散に逃げたくなるのは分かりますが、

だからって潰すともっとえらい目にあいます。

それは…

タカラダニを潰したら、

赤い液体が衣類や布団に付いたら最後、

取れなくなるからです。

それだけは避けたいと思っているなら、

絶対に潰さないようにしましょうね。

タカラダニを寄せ付けない方法は?

さぁて…

タカラダニを寄せ付けない最も効果的な方法は。

・エサの排除

・水をかける

・殺虫剤を吹きかける

・食器用洗剤で吹きかける

などあるので、見てきましょう

・エサの排除

タカラダニは、

花粉やコケ、ハダニ、カイガラムシなどを食べているので、

掃除をして常にきれいにすれば、

エサはなくなり発生も繁殖もなくなると言うわけです。

と言う事は…

タカラダニが発生した場所を年に何回か掃除をすれば、

出てこないという事になりますね。

掃除する時期は、春先の4月から掃除を始めると良いですね。

しかも、タカラダニがの繁殖の速さはゆっくりなので、

わずかな数を見かけたら、その周辺あたりを掃除をしましょう。

大量発生を防ぐ予防になりますよ。

・水をかける

物干し竿やベランダにいる場合、

水で流すだけでほとんど流れていきますが

その場しのぎの駆除になります

・殺虫剤を吹きかける、食器用洗剤を吹きかける

タカラダニに殺虫剤を吹きかけるのも効果的ですが

先程お伝えしたように、

殺虫剤のスプレーをかけると

湿って潰れやすくなるという欠点があります。

なので、スプレーをかけた後は、

大量の亡骸を処理するために

掃除機で吸い込むのが一番いい方法になります。

タカラダニの発生防止には?

タカラダニの発生防止をするには、卵を駆除しないといけませんね。

その方法とは?

・発生したコンクリートの部分など卵をかきだす事

・隙間や亀裂に残留塗布をする事

この2つの方法が有効的なので試してみましょう。

≪やり方≫

 

 

・卵をかきだす場合

 

亀裂や隙間に産卵した卵をかきだすには、高圧洗浄機を使うといいです。

一気に卵をかき出す事ができます。

・残留塗布をする場合

 

タカラダニを発生させないようにするには、

薬剤を使いましょう。

ノビマックス油剤」と言う残効性のある薬剤がおすすめです。

卵のかき出しが終わった壁やコンクリート隙間に

刷毛など使い壁やコンクリートに塗り込んでいくだけで、

致死効果が期待できます。

高圧洗浄機と残留塗布を組み合わせて行えば、

来年はタカラダニとはおさらばになりますね。

まとめ

いかがでしたしょうか?

毎年のように発生し悩んでいた「不快な虫」も

駆除の方法を知っておくだけでも発生の予防にもなります。

参考にしていただければ幸いです。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク