撲滅したいこの脇毛…軽減方法って?すぐ生えるのはなぜ?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

水着や薄着の季節である

夏はもちろんですが、

キレイ女子を目指すなら、

ムダ毛のないツルツルした肌

いつでもキープしたいもの。

でも、ムダ毛の処理ってかなり悩みます。

きちんと行わないと、

肌トラブルの原因になってしまいますからね。

特に、脇は目立ちやすいので、

脱毛の失敗は許されません。

それに、脇毛などの処理をしても

すぐに生えるのは、

適切な脱毛方法を

選択していないからなんです。

では、どのような方法が

ベストなのでしょうか?

今日はツルツル肌が長持ちする

脱毛法をお伝えします。

 自宅でもできる、脇毛の軽減方法!

スポンサーリンク

脱毛するために、

専門のサロンに通うのもいいと思いますが、

自宅でも簡単に脇をツルツルにする

方法があるのです。

まず、自宅で行う脱毛処理には

いくつかのやり方があり、

主な脱毛法といえば次の4種類です。

・かみそりや毛抜き

・除毛クリーム

・脱毛ワックス

・家庭用脱毛器

■かみそりや毛抜き

かみそりや毛抜きを用いる脱毛は

おすすめできません。

肌を傷つける可能性が

非常に高いからです。

■除毛クリーム

除毛クリームもあまりおすすめしません。

なぜなら、肌の表面に生えている

毛のみを除去するので、

またすぐに生えてきてしまう

からです。

毛根の毛は除毛クリームだと

取り除けないんですね。

持続期間が短いのは残念ながらNGです。

■脱毛ワックス

一番のおすすめは脱毛ワックスです。

ワックスを脇毛などの

脱毛したい箇所にぬり、

少し時間をおいて

一気にはがすという方法なんですが、

根元からムダ毛を抜くことができる

ので、すぐに肌がツルツルになりますよ!

しかも、処置した部分が色素沈着して

黒ずむ心配もほとんどありません。

持続期間は約3週間から1ヵ月くらい。

毛根から毛を抜くので

痛いことが難点ですが、

何度も繰り返していると、

ムダ毛が生えにくくなってきます。

脱毛ワックスはドラッグストアなどで

2,000円から3,000円程度で手に入るので、

ぜひ試してみて下さいね。

■家庭用脱毛器

最近の家庭用脱毛器は

性能が非常に優れているため、

エステサロンレベルの効果は

十分に期待できます。

ただし、価格が1台につき

6万円前後もするので、

決して安いとはいえません。

値段は高くても、

美容のために使いたいと決めたなら、

購入してみるのもいいでしょう。

 永久脱毛の相場は?医療系と美容系?

では、脱毛のプロに施術してもらう場合、

どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

脱毛を行っているサロンには、

大まかに医療系美容系

2種類あります。

まず、医療系と美容系の

違いをご覧下さい。

■医療系脱毛

・毛根に医療用レーザーを当てて脱毛する。

・医師や看護師などの

有資格者が施術を行う。

・施術終了までに約1年かかる。

・費用が高い。

・脱毛に痛みを伴う。

・医師による診察を受けられる。

■美容系脱毛

・パワーの弱い光脱毛による

一時的な減毛となる。

・エステティシャンなどの

無資格者が施術を行う。

・施術終了までに約2年から3年かかる。

・費用が安い。

・肌への負担や痛みが少ない。

・カウンセラーによる対応のみとなる。

全身脱毛を行う場合、

美容系だと約16万円、

医療系だと約38万円かかり、

2倍以上の金額となります。

脇や腕などの部分脱毛は

もう少し安く施術できますが、

やはり医療系はどうしても

値段が高くなってしまいます。

万が一、何らかの

肌トラブルが起きた時は、

医師が対応してくれるので、

医療脱毛の方が安心感はありますけどね。

 まとめ

脱毛系の広告やチラシを見ると、

ごく普通に永久脱毛という

言葉が使われていますが、

実はどんなサロンでも

永久脱毛はできないんです。

費用の高い医療用レーザーを

使う方法であっても、

これでもう一生ムダ毛は生えてきませんよ

と確約してはくれないのです。

つまり

「永久脱毛=永久に毛が生えてこない」

という意味ではないんですね。

本当は永久脱毛という

言葉を使うこと自体が

違反とまではいかなくてもグレーゾーン。

そのため、永久脱毛をうたう

脱毛サロンへ行っても、

過度な期待はしない方が

いいかもしれません。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク