台風とタイフーンって似てるけど由来は同じ?それとも違う?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

タイフーンは日本語に訳すと

台風の意味ですが、

偶然にも発音が

すごく似ていますよね。

ということは、

台風の語源はタイフーン?

それとも反対に、

タイフーンの語源が台風?

なんだか由来が

すごく気になりませんか?

そこで今回は、

タイフーンと台風の

発音が似ているのは、

どちらかが由来だからなのかを

解説します。

台風とタイフーンの由来とは

スポンサーリンク

実は台風って、

中国の『颶風(ぐふう)』

という言葉が

由来とされているんですよ。

『颶風』とは

要するに強く激しい風

のことです。

もともと日本では、

暴風のことを

野分(のわき)

と呼んでいました。

後に気象用語として、

『野分』は中国にならって

『颶風』と

呼ばれるようになります。

明治時代に入ると、

当時の気象学者によって、

『颶風』は

颱風(たいふう)

と呼ばれるようになります。

そして、

『颱風』という漢字表記から、

台風』という表記の仕方に

変更されたと

いわれているんですよ。

昔は難しい

漢字表記だったんですね。

しかも

『颶』と『颱』って、

パッと見てなかなか

見分けがつきません。

ちなみに、

台湾中国福建省では、

強風のことを

大風(タイフーン)

というので、

この発音も

由来になったのではないか、

とされているんですよ。

そして

熱帯低気圧を意味する

タイフーンの由来は

諸説あります。

上記で説明したように

台湾や中国福建省では、

強風を『大風(タイフーン)』

と呼ぶので、

その発音がヨーロッパに伝わって、

英語で台風のことを

タイフーンというようになった

とされています。

この他にも、

アラビア語でぐるぐる回る

という意味を持つ『tufan』が、

『typhoon(タイフーン)』

に変化したという説と、

ギリシャ神話

風の神テュフォン

が語源になった、

という説もあるんですよ。

でもやっぱり、

台風もタイフーンも、

何かと中国語

絡んでくるんですね。

だから発音が

すごく似ているんでしょう。

というわけで、

台風とタイフーンは

片方がもう片方の

由来なのではなく、

台風を意味する中国語が

由来という説が有力なんです。

タイフーンとサイクロンとハリケーンの違い

タイフーンって実は、

厳密にいうと北西太平洋

出現する熱帯低気圧

という意味なんです。

そして、

海外だとタイフーンの他に、

暴風雨のことをサイクロンや、

ハリケーンとも言いますよね。

いずれも

熱帯低気圧であることに

変わりはありませんが、

どこで出現するかによって、

名前が変わってくるんですよ。

つまり、この3つの違いは

大まかに言えば、

台風が起きている場所

ということです。

サイクロン

インド洋南太平洋

出現する熱帯低気圧。

そしてハリケーンは、

北東太平洋大西洋

出現する熱帯低気圧

のことなんです。

場所によって

呼び名が変わるなんて、

日本人からしてみると、

ちょっと想像つきませんよね。

ニュースでなんとなく、

タイフーンやハリケーンなどと

耳にすることはあっても、

実際の違いは

あまり知らない人が

多いんじゃないでしょうか?

ちなみに、

ハリケーンという名前の由来は、

カリブ海の邪神ウラカーン

からきているとされています。

そしてサイクロンは、

ギリシャ語

円を意味する『キクロス

という言葉が

元になっているんですよ。

中国語だけでなく、

ギリシャ語も

由来に絡んできますね。

台風って、

色んな国の言葉が

入り混じっているみたいで、

すごく興味深くないですか?

つまりそれくらい、

暴風雨を巻き起こす熱帯低気圧は、

どこの国でも

恐れられていたんでしょう。

まとめ

台風は中国語で

激しい風を意味する『颶風』が

由来とされています。

そして英語のタイフーンは、

台湾や中国福建省で

強風のことを

『大風(タイフーン)』というので、

そこから発祥したという説や、

アラビア語、

ギリシャ語が語源になった、

という説もあるんですよ。

台風とタイフーンは、両方とも

中国語が元になっているのなら、

発音が似ているのも

理解できますね。

そしてタイフーンとハリケーン、

サイクロンの違いは

大まかにいうと、

出現する場所なので、

良かったら覚えておいてくださいね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク