話題のクーベルチュールチョコとは?スーパーでも買えるの?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

バレンタインまで

残りわずかとなりましたね!

チョコの準備は

皆さんお済みでしょうか?

早く買っておかないと

いいチョコや

いい材料は売り切れて

入手できなくなってしまいますので

早めに準備しましょうね!

手作りチョコを

準備する予定の人は

本番で失敗しないように

早めに取りかかって

試作までしておきたいものですね。

チョコを手作りするうえで

欠かせないのが

クーベルチュールチョコレートです。

なんとなく名前を聞いただけで

高そうなイメージがありますが

その通り。

若干高めのいいチョコです。

高くて希少なだけあって

手作りチョコでも

本格的な

こだわり仕様にできますので

大好きなあの人や

彼氏に渡せば

好印象間違いなしです。

そんな

クーベルチュールチョコレートについて

普通のチョコとの違いや

入手方法について

まとめてみました。


 

クーベルチュールチョコとは?スーパーの割れチョコとどう違う?

スポンサーリンク

クーベルチュールとは

覆う”、“コーティングする

といった意味があります。

元々は

チョコレート菓子の

表面をコーティングしたり

飾りに使うための

製菓用のチョコレートですので

若干固いですが

口どけは滑らかで

口の中にまとわりつかず

上品な味わいなのが特徴です。

その秘密は

カカオバターにあります。

クーベルチュールチョコは

カカオ豆由来のココアバターを

多く含んでいますが

市販のスーパーにある

割れチョコなどは

ココアバターの代用として

植物性油脂が混ぜられています。

そのため

市販のものよりも

油脂が溶けやすく、安定しており

品よく風味豊かな

カカオが味わえます。

スーパーなどで売っている

市販のチョコレートは

成分表示を見てみると

「砂糖

カカオマス

植物油脂

ココアバター

全乳粉…」

となっていますが

クーベルチュールチョコは

「砂糖

ココアバター

カカオマス

乳化剤…」

となっています。

順番が早いものから

多く含まれていますので

市販のものは

ココアバターを減らした分

カカオマスを増やして

植物油脂を足して

ごまかしている

という感じがありますね。

チョコレート菓子を

作る上で欠かせない

また一番難しい

テンパリング

という作業があります。

テンパリングとは

ココアバターを分解して

細かい安定した粒子に

結晶させるための

温度調整です。

これに失敗すると

マーブル状の

模様のようなものが出たり

ツヤがなくなったり

口どけや味にも

違いが出てしまいます。

クーベルチュールチョコでは

テンパリングは必要ない

という意見も見られますが

本格的においしく作りたいのあれば

テンパリングは必要なようです。

クーベルチュールチョコを使えば

楽においしく作ることができる。

というわけではないので

注意してください。

むしろプロ仕様の

製菓用チョコレートなので

難しくなると思った方が

いいでしょう。


 

製菓用ならクーベルチュールチョコ!?取り扱いスーパーは?

バレンタインの手作りチョコなど

製菓用に使うなら

断然クーベルチュールチョコが

おすすめです。

味の違いがよくわからないような

無頓着な人が渡す相手なら

問題ないかもしれませんが…

市販の普通のチョコで作った場合と

クーベルチュールチョコでは

風味や口どけ

全然違います!

プロも選んで使うようなものです。

その分難しくなるかもしれませんが

仕上がりや味は

保証されたようなものです。

また、

しっかり頑張って下調べして

作った感が出るし

もらう人も

「この子は料理上手な子なんだな」

と家庭的で好感度も得られますので

ここは手を抜かず

きっちりこだわりの素材を使って

手作りしましょう。

市販のチョコか

クーベルチュールチョコ

どちらを選ぶかが

もしかしたら一生を左右する選択

になるかもしれませんよ!

クーベルチュールチョコを

入手する方法ですが

一番いいのは

ネット通販で探して買うことです。

探せばいくらでもありますし

自宅に配送してもらえますので

楽ですよね。

ただし、

通販なので

送料分予算が上がりますし

容量についても「100g」

などと記載されてはいますが

正直ピンとこないですよね。

作るレシピの分量を元に

買えばいいんでしょうが

そのレシピ自体できあがりが

どれぐらいの量なのか

分かりにくいものです。

では、

クーベルチュールチョコを

店頭で確認した上で買いたい

という場合は

どこに行けば買えるのでしょうか?

クーベルチュールチョコは

本来プロ仕様のものですので

プロ用のお店に行けば

扱っています。

製菓用品店が確実ですが

近くになければ

業務用スーパーでも

扱っているはずです。

その他、

クーベルチュールチョコは

外国産が多いので

輸入食品店

輸入食品コーナーのある

スーパーに行けば

扱っている可能性があります。

もしくは、

バレンタイン前のこの時期でしたら

意外と近場のスーパーでも

扱っているところも多いと思います。

うちの近くのイオンには

バレンタイン特設売り場の

手作りコーナーに少ないながらも

クーベルチュールチョコが

置いてありました。

少し大きめのスーパーで

手作りコーナーもあるようなところなら

今の時期なら

置いているかもしれませんので

ぜひ探してみてください。


 

まとめ

チョコなんてなんでもいい。

なんて考えている人も

いるかもしれませんが

その選び方一つや作り方

丁寧さなどにも

人柄って表れるものです。

適当に作った感じがあるチョコと

本格的に売り物のように

こだわって作られたチョコを

もらったとしたら

間違いなく後者の方に

好感を持ちますよね。

嫁にするなら

間違いなく後者でしょう。

手作りするならぜひ

クーベルチュールチョコを使って

本格派の心のこもったチョコを

作って渡しましょう。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク