満月で眠いしだるい…そこからわかる、隠れたあなたの体調とは?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

月の満ち欠け

潮の満ち引きなどに関係していることは

よく知られていますが、

人間の身体にも影響を及ぼしていることは

ご存知でしょうか?

女性の生理や出産などにも影響することは

聞いたことがある人も多いと思いますが、

中には満月になると

体がだるくなったり、

疲れやすく眠くなったり、

なんだか体調がすぐれない

というような人もいます。

一体満月とどんな関係があって

体のだるさや眠さを感じてしまうのでしょうか。

満月で眠いしだるいのは何故…身体とどんな関係があるの?

スポンサーリンク

満月の夜には

建物や街灯が少ない場所でも外が明るく、

きれいな月を見るためにも

もっと外に出て活動したい気分になりますよね。

でも、勿体ないことに、

中には満月になると

体のだるさや眠気を感じてしまい、

早く家に帰って寝たくなるという人もいます。

なぜ満月になると眠くてだるい

と感じてしまうのでしょうか。

1.身体的な影響

人間の身体はそのほとんどは

水分でできていますので、

潮の満ち引きと同様、

月の引力に影響を受けると言われています。

満月の前後の日には

大潮になるのと同じように、

人間の体内でも水分が溜まりやすくなります。

そのため余分な水分や老廃物が

体に貯まってむくみやすく、

疲れやだるさを感じて

眠くなってしまうことが考えられます。

2.メンタル面での影響

満月の日には緊張感や高揚感、

イライラを感じたり、不安が高まったりと

メンタル面でも影響を与えます。

この日には月と地球と太陽が

地球を挟んで一直線に並ぶため、

地球は月と太陽の両端からの

引力に引っ張られて強いパワーが働きます。

そのパワーが人間の精神にも大きく影響し、

緊張や集中力の低下といった

ネガティブな作用もあれば、

逆に積極性や前向きさなど

ポジティブにも作用します。

ネガティブな作用が働く人は、

緊張や不安から体調が悪くなり、

疲れや眠さにつながることがあります。

3.スピリチュアルな影響

満月や新月の日には、

大きな「気」のパワーが働き、

その前後にはパワーが

大きく変動するため

体がその変動に追いつけず、

疲れやだるさを感じてしまう場合があります。

月に影響を受ける人って何が違う?どんな体質の問題?

満月の日にだるくて眠くなったり

体調がすぐれなくなったり、

イライラや落ち着かなくなったり、

逆にテンションが上がったりする人もいれば、

何も変化がない人もいます。

月の影響を受ける人と

そうでない人では一体何が違うのでしょうか?

1.体がむくみやすい、疲れやすい人

前述のとおり、満月の日には

体の水分が月の引力の影響を受けて

水分が溜まってむくみやすくなります。

そのため、元々むくみやすかったり

疲れがたまりやすいなど

血のめぐりが悪いような体質の人は、

満月になるとそういった症状が

余計にひどくなる可能性があり、

月の影響を受けやすい体質と言えます。

2.精神的に不安定な人

満月は良くも悪くも、

その時の状態を高める作用が働きます。

精神的に不安定で

日頃から悩みや不安や心配事があって

落ち込んだり上がったりを

繰り返すような人は、

ちょっとしたことがきっかけで

状態が変わってしまいます。

満月の引力の作用でも

それが引き起こされてしまう

可能性がありますので、

そういった人も月の影響を受けやすい

と言えるでしょう。

3.月のパワーに敏感

6感に優れた人って時々いますよね。

人間ではない物の気配を感じ取ったり、

予知や虫の知らせで先のことが分かる人、

他人のオーラが感じ取れるなど

様々能力を持った人がいます。

その能力が何なのかは不明ですが、

いずれにせよ「何らかのパワーに敏感な人」

と言えるでしょう。

満月が引き起こすパワーを

敏感に感じ取ってしまう体質の人も中にはいて、

それを緊張やストレスなどの

影響力として感じて

体調などにも変化を

及ぼしているのではないでしょうか。

4.信じやすく思い込みが強い人

月には昔から神秘的なイメージがあります。

夜空に浮かぶ明るく美しい満月には、

特に人を惹きつける魅力があり、

同時に人を惑わせるような

不思議なパワーもあります。

何かにつけて理由づけしたがるような人や

超自然的なことを信じたがる人、

また思い込みが激しい人などは、

眠気やだるさ、体調の悪さなどを

満月のせいだと決めつけて

思い込んでいるとも考えられます。

もしくは「今日は満月だから

体調悪くなりそう」という思い込みが、

実際にそういった症状を

引き起こしているのかもしれません。

プラシーボ効果のように、

実際にはそういう効果はないのに、

思い込みが本当にその効果を

実現させているとも考えられます。

まとめ

月の影響で体がだるく

眠くなるということは

科学的には証明されていないようですが、

実際に影響を受けている人も多数いますので、

何らかの関係はありそうですね。

私は頭痛持ちですが、

頭痛がする時は決まって

天気がこれから崩れてくるという時に起こります。

こういった天気の悪化や

気温や気圧の変化などの気象条件が、

体内の様々な器官に影響をもたらして

体調が悪くなる「気象病」があるように、

月の力も何かしら人体に影響を及ぼしていても

おかしくはありませんよね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク