クーベルチュールチョコレートは代用できる?おすすめの市販品は?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

まもなくバレンタインですね。

本命から友達、お世話になったあの人など、

誰にどんなチョコをあげようか、

なんて悩むのも楽しいものですよね。

直前に買いに行ってもいい物がなかったり、

手作りの場合なんかは特に、

うまくできなかったり

材料が揃えられなかったりして

焦ってしまうこともありますので、

早めに準備するようにしましょう!

市販のおしゃれなチョコや

高級チョコもいいですが、

気持ちを伝えるにはやっぱり手作りが一番です。

そして手作りで

おいしいチョコを作る上で欠かせないのが、

「クーベルチュールチョコレート」

ただし、なかなか手に入らないのが難点です。

では、クーベルチュールチョコレートの

代わりとして使用できるものは

ないのでしょうか?

また、市販品で代用はできないのでしょうか?

参考レシピの材料が入手不可!クーベルチュールチョコは代用できる?

スポンサーリンク

ネットで調べれば、

たくさんの手作りチョコレートレシピが

公開されています。

どれも素敵でおいしそうで

迷ってしまいますよね。

チョコをあげたい相手のことを思いながら、

どんな味が好みなのか、

見た目はかわいい系やシンプル系

どれが喜んでくれるだろうかなども

ポイントにしながら、

まずはどのレシピを参考にするかを決めましょう。

参考レシピを決める上で

気になるのが、材料です。

材料をそろえるための

予算も気になるところですが、

その材料が家にあるものまたは

近場で手軽に入手できるものなのかによっても

そのレシピで決定するかどうかの

判断基準になると思います。

手作りチョコレートのレシピとなると、

クーベルチュールチョコレートを

使用したものが大半を占めています。

ですがこのクーベルチュールチョコレート、

製菓用のチョコレートなので

普通のスーパーなどで売っているところは

ほとんどありません。

売っていたとしても、

市販のチョコレートに比べて

かなり割高なお値段がついています。

そんな高いクーベルチュールチョコレートを

なんとか探し出してでも

使うべきなのでしょうか?

その辺で売っている

市販のチョコレートなどとどう違うのでしょうか?

クーベルチュールチョコレートは

カカオバターの含有量が多いチョコレートで、

製菓用のチョコレート細工や、

コーティングやチョコフォンデュなどの

ディップとして使われるものです。

カカオバター以外の油脂(植物油脂)が

ほとんど含まれていないため

カカオ本来の風味が豊かで味わい深く、

口溶けも滑らかで

高級感のあるチョコレートに仕上がります。

ただし、元々製菓用のものなので、

プロ仕様と思っていただいた方が

いいかもしれません。

クーベルチュールチョコレートは

市販品に比べて

テンパリング(温度調整)が難しく、

白いマーブル状のムラもできやすくなります。

一方市販の板チョコなどは、

カカオバター以外の油脂も多く含まれているため

カカオ本来の風味は損なわれてしまいますが、

クーベルチュールチョコレート

の代用として使っても問題はありません。

一度溶けてから固まってもムラになりにくく、

そのままで食べてもおいしいように

作られていますので、

お菓子作りに自信がない人や初心者には

市販品を使用する方が無難かもしれません。

渡す相手が味覚にすぐれた人や

チョコにこだわりがあるような人であれば

クーベルチュールチョコレートを使用した方が

高評価を得られると思いますが、

大して違いがわからなさそうな人であれば

市販品で代用してもよいのではないでしょうか。

クーベルチュールチョコレートの代用におすすめの市販チョコは?

クーベルチュールチョコレートは

板チョコなど市販のものと比べると、

含まれる砂糖の量が少なくなっています。

市販の板チョコはどれも万人受けするよう、

甘くおいしくできていていいですが、

チョコレート専門店のものや

高級なチョコレートは、

甘さは控えめでしつこすぎず

上品でカカオの風味を引き立てるような

甘さですよね。

それを市販品で代用しようとするなら、

普通のチョコレートや

ミルクチョコレートよりも

ブラックやビターチョコレート

を選ぶと良いでしょう。

ミルクや植物油脂などの

余計な物が多く含まれている

チョコレートよりも

クーベルチュールチョコレートに近いので、

味も甘ったるすぎず形も整えやすくなります。

ただし、あまり安すぎるチョコレートは、

その分余計な物が多く入っており

品質も低いものと思われますので、

あまりおすすめはできません。

クーベルチュールチョコレート自体が

割と値段高めの

高級製菓用チョコレートですので、

それの代用として使うなら

ある程度は品質の良い物を

使った方がいいかもしれません。

大手メーカーの

市販のチョコレートなんかだと、

味の面では誰にでも受け入れられるよう

作られたもので保証されていますので、

下手に自分で味を調整するよりは

簡単でおいしくできるかもしれません。

この時期はどこも、

メーカーのホームページを見ると

各社製品を使った

バレンタイン向け手作りレシピ

掲載されていますので、

それをそのまま使ったり、

相手の好みに合うよう

自分でアレンジしてみるといいでしょう。

まとめ

本格的で、上品かつ風味豊かな

チョコレートを手作りするなら、

クーベルチュールチョコレートは

欠かせない材料です。

お値段が高く

なかなか入手も難しい品物ですが、

身近で手に入る市販品で

代用することもできます。

ブラックやビターチョコレートなら

風味も近いので、

どうしても入手困難な場合は、

ぜひ市販品での代用を試してみてください。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク