これで車はずっとピカピカ?!雨の後のお手入れ方法をご紹介!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

車は雨に当たった後、

すぐにお手入れしていますか?

実は、キレイな車を保つためには、

濡れてしまった後の

素早いお手入れが重要ですよ。

そこで今回は、

車好きで愛車を大切にしたい

あなたにおすすめする、

雨が降った後にするべき

お手入れ方法を紹介します。

しっかりお手入れすれば、

ピカピカの愛車を運転できますよ!

愛車をキレイに保つには?雨上がりのお手入れ方法

雨に当たった後は、軽く洗車してから、

マイクロファイバーやセーム皮など、

目の細かい素材のクロスで

水滴を拭き取りましょう。

これが一番おすすめの

雨上がりの手入れ方法です。

雨水には大気中の

色んなホコリなどの汚れが含まれているし、

風で車体の表面には

砂や泥が付着していることがあります。

つまり、雨風に当たると、

車はすごく汚れてしまっているのですね。

そのため、雨上がりに車をただ拭くだけだと、

いくら柔らかいクロスを使っていても、

塗装を傷つけてしまうこともありますよ。

愛車をキレイに保つためには、

まず、雨上がりには車に水をかけ、

スポンジや洗車用のセームなどで

表面の汚れを軽く落とします。

そして、クロスで水滴を

キレイに拭き取ってくださいね。

洗車した後の水滴は

特にしっかり拭き取っておきましょう。

そうすれば塗装が傷つかず、

汚れも落とせて

ピカピカな状態が保てますよ。

でも、雨が多い時期は

ちょっと大変ですよね。

かなり車に対してこだわりが強いのでしたら、

まず雨水に当てないという対策も必要です。

出来れば屋根のある

駐車場やガレージに車を入れたり、

カバーをかけておくようにしましょう。

これである程度は汚れを防げるので、

愛車はずっとピカピカなままですよ!

雨上がりに車のお手入れをしないとどうなるの?

雨上がりに

車のお手入れをしておかないと、

車体の汚れがこびり付いてしまい、

なかなか洗っても

落とせなくなってしまいますよ。

先ほども説明したように、

雨水には大気中のホコリをはじめ、

排気ガスなど汚れが詰まっています。

雨水ってとっても汚いです。

それが車のボディーやフロント、

窓ガラスに付いたままになっていると、

まるでシミみたいな、

円形で小さな白っぽい汚れが浮き出てきます。

これは『イオンデポジット』

『ウォータースポット』と呼ばれる汚れです。

『イオンデポジット』が

浮き出た状態を更に放置しておくと、

洗車しても、なかなか汚れが

落ちなくなってしまいます。

しかも、『イオンデポジット』は

紫外線に当たることにより、

酸化して車の塗装を劣化させていきます。

すると塗装がデコボコになっていくので、

かなり厄介です。

だからこそ、早め早めに雨が降った後は、

お手入れするのが大切です。

車が趣味で特に愛車を大切にしているなら、

いつでもピカピカにしておきたいですよね。

それには必ず、水滴が付いたら

そのままにしておかないこと。

もちろん洗車したあとも、

水滴が車に付着したままだと、

同じように『イオンデポジット』が出てしまうので、

しっかりクロスで水気を拭き取ってくださいね。

日頃のお手入れさえきちんとしていれば、

あなたの愛車はすごくキレイな状態を保てますよ!

まとめ

雨が降ったあと、車は出来るだけすぐに洗って、

水気をよく拭き取っておきましょう。

そうしないと、汚れた雨水によって、

車の表面には

『イオンデポジット』ができてしまいます。

でも、雨上がりには洗車して、

表面に着いた水滴を

クロスで拭き取っておけば、

キレイな状態が続きますよ。

ただし、必ず洗車してから

クロスで水気を拭き取ること。

雨水をクロスで拭き取ると、

車の塗装が傷つくので、

十分に注意してくださいね。

しっかりお手入れをして、

ぜひ愛車をキレイな状態で保ちましょう!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク