賃貸マンションの排水溝がクサい!臭いの原因はなに?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

洗面所やキッチン、

お風呂場などの排水溝がクサい!

その原因は一体なぜでしょうか?

排水溝から悪臭がすると、

部屋全体もクサくなったような

気がしますよね。

だからこそ、どうにかして

早く臭いを断ち切りたい!

そこで今回は、

賃貸住宅で排水溝がクサくなった時の、

原因と対処法を紹介します。

これでもう嫌な臭いから解放されますよ!

マンションの排水溝が臭う原因とは?

マンションやアパートなど、

賃貸住宅の排水溝が

クサくなってしまう原因の多くは、

何かが詰まってしまうことです。

例えば、キッチンの排水溝なら

生ごみや油で汚れた水などが原因で、

詰まりが発生してしまいます。

洗面所や浴室の排水溝なら、

せっけんカスや髪の毛

たぶん、髪の毛が一番

詰まりやすいのではないでしょうか?

特に家族が多かったり、

髪の長い人がいたりすると、

その抜け毛でかなり詰まりやすくなります。

排水溝が詰まってしまうと、

水の流れが悪くなることはもちろん、

臭いもしてきますよね。

下水管の中で

詰まったものが腐敗してしまい、

雑菌も繁殖して、その臭いが漂ってきます。

しかも夏場なら、

コバエも発生してしまうので、

排水溝はなるべく

詰まらせないようにしましょう。

ただし、賃貸住宅に住んでいると、

前の住人が詰まらせたものが残っていて、

それが臭いの原因になる可能性もあります。

もし、引っ越してきて間もないのに、

部屋が何だか

ドブのような臭いがするのでしたら、

排水溝の詰まりを疑ってみましょう。

基本的には、前の住人が引っ越しした後は、

部屋はクリーニングが入るので、

全部キレイに掃除されているはずですが、

極まれに排水溝の詰まりが

そのままの場合もあります。

入居した時から排水溝がクサいようでしたら、

管理会社に連絡をして、

清掃業者をお願い出来るか

問い合わせてみてください。

排水溝の悪臭を消す効果的な方法

排水溝の臭いを消すにはまず、

詰まっているものを取り除必要があります。

悪臭の原因となっている

詰まりを解消できれば、問題解決ですね。

でも、排水溝の掃除って、

すごく気持ち悪いから、

出来れば触りたくないですよね。

また、うかつに排水トラップなど、

排水溝の部品を取り外して、

戻せなくなってしまったら大変なので、

この場合はやっぱり、

プロに任せた方が良いでしょう。

賃貸マンションの管理会社に連絡して、

修理業者を手配してもらってください。

賃貸契約書に記載されている

内容にもよりますが、

その際の費用は、貸主である

管理会社が負担するケースが多いですよ。

詰まりが除去されれば、

もう臭いの原因はなくなるので、

安心して快適に過ごせるでしょう。

ただし、油断は禁物。

また排水溝を詰まらせてしまわないためにも、

日頃から気を付けるようにしましょう。

キッチンなら油や食べカス、

生ごみなどを流さないようにします。

浴室や洗面所なら、

髪の毛を流さないように

ヘアーストッパーを付けておきましょう。

トイレもペーパーの使い過ぎには

気を付けてくださいね。

あとは、パイプ洗浄剤を使って、

詰まりを防ぐようにすればOKです。

そして最もおすすめしたいのが、

重曹を使う消臭方法。

掃除した排水溝に

重曹をそのまま振りかけて、

30分から1時間ほど放置。

その後は重曹を洗い流すだけで、

簡単に消臭できますよ!

ただし、これは詰まりを

取っていないと意味がないので、

まずは臭いの元となるものを

取り除くようにしましょう。

まとめ

排水溝からクサい臭いがする原因は、

パイプに詰まりが発生しているからです。

水の流れも悪くなっているはずなので、

排水溝が詰まってしまったら、

管理会社に連絡して

修理業者を手配してもらいましょう。

詰まりが解消されれば

後は日頃の掃除で臭いを予防できますよ。

臭いが残っていた場合は、

重曹を使えば消臭できるので、

ぜひ試してみてくださいね!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク