家族の足がくさい!もう限界!その嫌~な臭いの原因とは!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

知っていますか?

足汗は99%が水分のため

実はほとんど臭いがありません。

ではなぜ足の臭いがあるのでしょうか。

一日中靴を履いていると

脱いだ瞬間臭いがしますよね。

家族の白い目が気になります。

出先で靴を脱ぐ機会があったらもう最悪です。

足の臭いが心配なあなたとその家族に、

解決策をご紹介します!!

足の臭いの救世主?大掃除でお馴染み、重曹やミョウバン水の効果について

毎日お風呂に入って念入りに洗っていても、

なかなか足の臭いと

さよならできない人は多いです。

そんな時は、大掃除で大活躍の

「重曹」と「ミョウバン」に頼ってみましょう。

『重曹の効果』

足の臭いの原因になる

「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」

に効き目があります。

イソ吉草酸は洗っても落ちにくく、

しぶとく居座ります。

ここで重曹が大活躍。

重曹の弱アルカリ性が

酸性のイソ吉草酸を中和して、

臭いを消してくれます。

<やり方>

①洗面器にお湯を張り

小さじ1杯程度の重曹を溶かします。

②10~15分くらい足をつけておきます。

(臭いが気になる場合は30分)

お風呂上りは効果的。

毎日やることで効果が続きます。

※さらにお酢を小さじ1杯加えると

さらに効果的です。

『ミョウバンの効果』

ミョウバンが持つ効果は絶大で、

消臭や制菌効果があります。

ミョウバンを溶かすと酸性になり、

臭いの原因のアルカリ性を中和します。

<作り方>

①ペットボトルに150ccの水と

焼きミョウバン5gを加えて

ふたをして良く振ります。

②6時間そのまま放置します。

③ミョウバンが溶けて

透明になっていれば完成です。

※使用する際は、スプレー容器に

出来上がったミョウバン水を入れて

10倍に薄めてから使用します。

<使い方>

そのまま足や靴にスプレーをするだけです。

あなたの足の臭い、もしかして病気かも?可能性があるとしたら?

足の臭いの原因は、

雑菌の出す排泄物による腐敗臭になります。

雑菌が繁殖すれば腐敗臭も増加し、

足が臭くなってしまうのです。

靴の中の足は雑菌が繁殖するには

とても良い環境ですから、

繁殖しにくい環境作りが重要となります。

その原因となるのが汗です。

あなたやあなたの家族は、

足にかく汗が多くありませんか?

足の裏に大量に汗をかく人は要注意です。

これは「足(そく)せき多汗症」

という病気かもしれません。

季節や体調に関わらず

一年中靴下が湿った状態であれば

可能性は高いと思ってください。

「足せき多汗症」の疑いがある場合は

皮膚科や専門医に相談します。

適切な治療で改善が期待できますので、

多汗症だからといって諦めないでください。

悩む前にまず皮膚科へ診察を受けてみましょう。

❤ 最後に  

 

男女問わず足の臭いは気になるものですよね。

小学生だってくさい子は

何をしてもくさいのですから。

足の臭い対策をご紹介しましたが、

他にも対策はあります。

毎日同じ靴を履かない、

靴は天日干しでよく乾かす、

足の爪の間の汚れを取り除く、

足を洗ったら水気はよく拭き取る、

靴に中敷を利用する

などちょっとした事ですが

やるのとやらないでは格段に変わってきます。

足の臭い対策と並行してやってみてください!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク