せっかくの雪は楽しまなきゃ!子供と雪遊びするときに使えるグッズ特集★

アドセンス本文上

スポンサーリンク

雪が、家の前に積もっていると

お子さんは大喜びですよね!!

でも、私が住んでいる関東平野であると

極稀にしか積雪しませんね。

そこで、冬休みを使ってスキー場へ行って

思いっきって楽しむ人もいるはず・・・

お子さんのためにも、

休みの日には一緒に雪遊びを

してみてはいかがですか?

そこで、雪遊びで使えるようなグッズ

について紹介しますね。

 

 

脱マンネリ!雪遊びのグッズはこんなに豊富な種類があるって知っていました?

雪が積もっているのを見ると、

お子さんは喜んで走って行って、

最初にやるのは

「雪だるま」作りではないですか!?

あとは、「雪合戦」が定番ですよね。

室内からそのままの服装では、

もちろん寒くて風邪をひいてしまいますね。

なので、防寒対策は必須ですよ!!

大げさに思えるかもしれませんが、

雪が降っているところに長い時間いると

身体の芯から冷えてしまいます。

では、雪遊びのグッズで

どんなものがあるか知っていますか!?

今では、想像もつかず

大人でも「へえー、こんなものがあるんだー」

って関心してしまうグッズもありますよ。

そこで、いくつかグッズを紹介しますね。

○ソリ

定番と言っても良いほど

よくスキー場などのキッズコーナーで、

親子で楽しんでいる姿を見かけますね。

これは、大人がメインに座り

大人の膝の隙間にお子さんを座らせて

滑って楽しむものですね。

これだと、パパやママも

お子さんと一緒に楽しめて良いですね!

オススメですよ。

○ヒップソリ

名前の通り、お尻にソリを敷いて

雪の上を滑るグッズです。

これは、大きいお子さんなら

大丈夫かもしれませんが、

小さいお子さんには怖いかもしれないですね。

迫力満点のグッズですよ!!

○チューブタイプのソリ

イメージがつかみにくいかもしれませんが、

浮き輪のような形をしていて

そこに座って滑るソリです。

スキー場によっては、

チューブソリ専用のコーナーがあったりするので、

スリルを味わいたい人には

最適かもしれないですね。

○スコップ

各家庭にスコップがあってもいいものですね。

いざ、自宅に降雪した時に

雪かきにも使える・・・

というメリットもありますよ。

そして、小さいお子さんに

「かまくら」を作ってあげて

楽しむこともできますね。

○雪合戦の玉作りグッズ

正式な名称は、

「ゆきだるまつくっちゃお」といいます!!

名前の通り、イメージとしては

アイスクリームを丸くするような

器具で雪を挟んで、「ギュッ」と握れば

雪合戦の玉が簡単にたくさん作れます!!

これなら、予めたくさんお子さんと一緒に作ってから

家族で「雪合戦」を楽しむのも

アリかもしれませんよ。

他にも、小さいお子さんでも遊べる、

いつもお砂場で使うような

シャベルやスコップ、バケツなどで

雪の冷たい感触を肌で感じてもらう

楽しみ方もありますよ。

 

 

予算内で買えるものがきっと見つかる!グッズ種類別の値段一覧★

予算内と言っても、

各家庭で「これぐらいの値段なら・・・」

っていうものもありますよね。

先ほど、紹介したグッズで、

おおよその値段(目安ですが)は、

以下を参考にしてみて下さい。

○ソリ ・・・1100円

○ヒップソリ ・・・540円

○スコップ ・・・760円

○お砂場セット ・・・1100円

参考:トイザらス

https://www.toysrus.co.jp

○チューブタイプのソリ ・・・4100円

参考:キャプテンスタック株式会社

http://www.captainstag.net/goods_ME-1082.html

○雪合戦の玉作りグッズ

Mサイズ/Lサイズの2サイズがあります。

価格は、500円からとなっていますよ。

※参考:Amazon

https://store.shopping.yahoo.co.jp/murauchi/4949669321216.html?sc_e=slga_pla

他にも赤ちゃん用品を取り扱っている

『ベビーザらス』やスキー場では、

低価格でレンタルすることもできますよ!

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんにとっては初めての雪でもあり、

また関東に住んでいる方にとっては

雪は珍しいものですよね。

お子さんにとっても

雪が積もって雪遊びとなると

「雪だるま作り」や「雪合戦」が定番ですね。

でも、これがマンネリ化してしまうと

お子さんも飽きてしまって

つまらなくなってしまいます。

たまには大きなスキー場へ行って

雪遊びを思う存分させてあげるのも

いいかもしれません。

ぜひ、今回紹介した雪遊びのグッズを使って

楽しんでみてはいかがでしょう!?

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク