冬のコート、クリーニングにいつ出す?汚れを持ち越すとどうなるの?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

コートは冬の必需品ですよね!

洗濯機で洗えないコートは

クリーニングに出しますが…

どのタイミングで

出せばいいのかが問題です。

そこで今回は

クリーニングのタイミングと

クリーニングしなかった時の汚れ

収納方法について

まとめていきます♪

 

 

冬着用したコートをクリーニングに出すベストなタイミングや理由は?

結論から言うと

シーズンの中間で1回

シーズン終わりに1回

合計2回のクリーニングが最適です。

シーズンの中間で

クリーニングすることを

中間洗い

と言います!

この中間洗いは

コートにとって

とても大切なことなんです。

汚れというのは

蓄積され続けると

落ちにくくなってしまうものです。

それだけではありません!

汚れがついたまま

着続けていると…

汚れが生地を傷つけてしまいます。

長く着ることが出来なくなるので

忘れずにクリーニングに

出しましょう!

しかし

クリーニングの回数が多すぎても

生地を傷めてしまいます。

適切な回数を知らなければ

クリーニングの

加減って難しいですね…

まずは下にあるURLの記事を

読んでみましょう☆

日刊SPAが

検証してくれたものです。

1度もクリーニングに出さなかった

コートがどの程度汚れているのか…

↓ ↓ ↓

URL:https://nikkan-spa.jp/1253657

検証結果を見ると

1度もクリーニングに

出さなかったコートは

10回使い続けた

バスマットと同じくらい汚い

ということですね…

同じコートを着続けているのは

汚いバスマットを羽織っているのと

同じ…

恐ろしい!!

バスマットを羽織る前に

汚れが落ちやすい段階で

中間洗いを1度。

もう着ない気候になったら

最後に1度

クリーニングに出しましょう!

衣替えで納める時は

綺麗な状態で納めるのが

ベストですよ♪

正しい回数のクリーニングは

コートを長く着る

秘訣でもあります!

ぜひ実行してみてくださいね☆

 

 

クリーニング済みのコートをしまっておくときのベストな方法を解説!

クリーニングで綺麗になりましたか?

それでは、コートのしまい方の

紹介もしておきます!

特に気になるのが

衣替えでのしまい方ですよね?

1番おすすめなのは

ハンガーにかけて収納

することです。

コートは丈が長い分

衣装ケースに入れると

スペースをとってしまう

のが難点です…

それだけではなく

畳んで納めるので

シワも気になってしまいますよね?

その点

ハンガーで納めれば

シワが出来ません。

問題はスペースですね…

フードがついている場合は

フードを内側に入れて

ハンガーにかけてみましょう!

コート一着分程度の

スペースができますよ♪

コート用の圧縮袋

販売されています。

コートの生地によっては

シワが出来てしまったり

コートの中身がつぶれてしまう

こともあります。

使う場合は注意してくださいね!

ハンガーにかけて収納する場合は

コートカバーを使いましょう♪

様々なメーカーが販売しています。

が!

きちんと効果を

発揮してくれるものを

使いましょう!

安心のアースからも

販売されています!

商品詳細ページはこちらから

確認できます。

↓ ↓ ↓

http://www.st-c.co.jp/products/detail/mothproofing_agent_001412.html

ハンガーでの収納が

一番ですが…

衣装ケースに納める場合は

たたみ方に注意してください!

たたみ方はこちらから

確認してくださいね☆

↓ ↓ ↓

https://nanapi.com/ja/26099#title-index-2

納める場合は

必ず防カビ・防虫剤を

入れるようにしましょう!

こちらもアースの商品が

おすすめです!

商品詳細はこちらから

確認してください。

↓ ↓ ↓

http://www.st-c.co.jp/products/detail/mothproofing_agent_001419.html

中には香り付きのものもあるので

買う時によく確認してくださいね♪

納めるときは

コートが一番上にくるように

収納しましょう!

上に衣類がのると

シワの原因になります。

まとめ

いかがでしたか?

賢くクリーニングして

賢く収納しましょう!

正しくクリーニングに出せば

長く着ることができますよ♪

来年も綺麗に着られるといいですね!

この記事が

あなたの参考になれば幸いです☆

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク