雪道運転が初めての方必見!エンジンブレーキやギア操作のコツを紹介

アドセンス本文上

スポンサーリンク

雪が降ると

道路が滑りやすくなるから、

車を運転する時は

気を付けなければいけません。

特に、免許取りたての

初心者ドライバーは、

何かと不安ですね。

そこで今回は、

初めて雪道を走る人でも

安心できる、

ギアやエンジンブレーキ操作の

コツを紹介します。

初心者ドライバーさんは

しっかりと覚えておきましょう!

雪道にはエンジンブレーキ!?オートマとミッションで違いはある?

雪道でフットブレーキを使ってしまうと、

タイヤがロックして

スリップしてしまいます。

そのため、雪道ではなるべく、

フットブレーキではなく、

エンジンブレーキを

使うようにしましょう。

これはオートマ、ミッション

共に同じです。

雪道を走る時の基本は、

スピードを出し過ぎず

常に慎重に走行することと、

急発進、急ブレーキなど、

『急』のつく運転を

絶対にしないこと。

急のつく運転を

雪道でしてしまうと、

スリップしやすくなってしまうんです。

事故に繋がったら大変ですよね。

スリップを防止するためにも、

エンジンブレーキを

主に使っていくようにしましょう。

ただし、オートマ車の場合は、

2速発進してから

2速固定で運転すると良いですよ。

2速発進すれば、

タイヤの回転が緩やかなので、

発進時に滑る心配がありません。

また、2速固定は

スピードの出し過ぎを防げるので、

雪道でも安全に止まることが出来ます。

スピードを出し過ぎていると、

オートマとミッション問わず、

たとえエンジンブレーキを

使ったとしても、

急ブレーキをかけたのと

同じ状態になり、

非常に危険です。

雪道では

くれぐれも緩やかな運転を

心掛けましょう。

雪道最大の難関下り坂を運転するコツはギアチェンジ!?

雪道で最も怖いのが、

坂を下る時ですね。

路面が凍結していれば、

そのままスリップしてしまいそうで、

初心者にとっては

これほど不安なものはないでしょう。

でもご安心を!

そんな雪道の下り坂でも、

ギアをチェンジすれば、

安全に下りていくことが

出来ますよ!

低いギアにシフトチェンジしたら、

坂をゆっくりと下っていきます。

この時、

エンジンブレーキを

使いながら下りていくと、

更に安全にゆっくりと

走行していけます。

雪の坂道を下っていると、

当然ながら車は

自然に滑り落ちていくので、

絶対に速度を出さないように、

平坦な道よりも

慎重に運転してくださいね。

速度を落とし、

エンジンブレーキを使うこと。

この2つが重要なので、

しっかり頭に入れておきましょう。

まとめ

雪道を初めて運転する場合は、

オートマでもミッションでも、

必ずフットブレーキではなく、

エンジンブレーキ

使うようにしましょう。

その方がスリップしにくくなります。

そして、坂を下る時は、

低いギアにシフトチェンジして、

エンジンブレーキを使いつつ、

ゆっくりと下りて行けば

安心ですよ。

雪道はとにかく

滑りやすくなっているので、

必ず速度を落とすことと、

なるべくエンジンブレーキを

使うようにする

という2つのことを

覚えておきましょう。

これで初心者ドライバーでも、

安全な走行が出来ますよ!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク