ガス代が異常に高い意外な理由は!?考えられる原因と対処法

アドセンス本文上

スポンサーリンク

毎月使えるお金は限られている中で、

できるだけ楽しいことに

お金を使いたいものです。

そんな中、できるだけ抑えたいのが

電気ガス水道といった

光熱費などの項目です。

今回はその中でも、

お住まいの地域や家庭によって

差の出やすいガス代に注目して

検証してみたいと思います。

ガス代が高い原因を知ろう

スポンサーリンク

ガス代が高い理由については

大きく二つ可能性が考えられます。

一つめは利用している

ガスの種類

そしてもう一つは

日々のガスの利用方法

です。

まずはガスの種類について

考えてみましょう。

ガスには都市ガスと

プロパンガスの二種類があり、

これらは主にお住まいの物件によって

既に決まっていることがほとんどです。

そのため、お住まいの環境による

違いが起こるというわけですね。

では、都市ガスとプロパンガス、

金額面ではどちらの方がお安く

抑えることができるのでしょうか?

一般的には、料金面では

都市ガスの方がお安くなる

と言われていることが多いようです。

なので、もし現在お使いのガスが

プロパンガスなのであれば、

それが一つガス代が高く感じる

要因かもしれません。

続いて二つめは、

ガスの利用方法です。

ガス代が何に反映されているかというと、

主に給湯まわりガスコンロです。

つまり、給湯まわりとガスコンロの

利用時間が長い場合も、

ガス代が高い原因の一つとして

考えることができます。

ガス代を安くするにはどうしたらいいか?

では、ガス代を安くするのは

どうしたらいいのでしょうか?

先ほどの原因の項目でも挙げた通り、

一つはガスの選択

二つめは日ごろの生活での節約

になります。

とはいっても、

お住まいの物件によって

ガスを変更することが難しい場合が

多いかと思いますので、

ここでは今日からできる

日々の生活上の節約術を考えてみます。

ガスは給湯時に利用されるため、

なるべくその利用を

少なくすることが重要です。

例えば温度。

シャワーを使うにしても、

お湯を張るにしても、

洗い物の温度であっても、

いつもお使いの温度が高すぎる

ということはないでしょうか?

少し温度を下げてもいいかな、

と感じるようであれば

設定温度を低めにするだけでも

効果が得られます。

また、温度だけでなく

その利用量も重要です。

当然ですが、

大量のお水を温めるには

たくさんのガスを必要とします。

これはお風呂であっても、

キッチンのガスコンロで利用する

お鍋であっても同様です。

お風呂の大きさは

簡単に変えることはできませんが、

少しお湯張りの量を少なくしてみたり、

お料理であれば小さめのお鍋や

同じお鍋でも少な目の

お水で調理することで、

ガスの使用量を

少なくすることができます。

また、キッチンのガスコンロでは

無駄のない加熱も重要となります。

調理を最初から最後まで

ガスコンロで完結させようとすると、

長時間のガス利用が必要となります。

それではガス代が高くなるのも

無理はありませんね。

例えば電子レンジとの併用で

事前の過熱はレンジで行い、

最後の仕上げをガスコンロで行ったり、

あるいは余熱をうまく利用することで、

ガスの使用時間を

少なくすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日々の少しの工夫で、

ガス代を少し節約することが

できそうな気がしてきませんか?

筆者はさっそく、

電子レンジを活用しつつ、

お風呂やお湯の使い方にも注意して

エコなガスライフを

楽しんでみたいと思います。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク