話題のラムネ温泉ってどんなもの!?島根や鹿児島にあります!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

ラムネ温泉って知っていますか?

島根や鹿児島にある炭酸の温泉で、

体にすごく良い

とされているんですよ。

今回は、

このラムネ温泉はどこにあるのか、

どんな効能があるのかを紹介します。

温泉好きな人も、

健康に気を遣う人も、

ぜひラムネ温泉に

入ってみてくださいね!

島根や鹿児島にあるラムネ温泉って何?

スポンサーリンク

ラムネ温泉は

主に島根や鹿児島にあります。

島根には飯南町というところに、

『頓原(とんばら)天然炭酸温泉ラムネ銀泉』

があります。

https://iko-yo.net/facilities/50607

『頓原ラムネ温泉』

とも呼ばれているこの温泉は、

大量の炭酸ガスを

含んでいるのが特徴。

炭酸ガスの温泉に入ると、

全身の血管が拡張されて、

血行が促進されるんです。

高い血圧を下げられるほか、

動脈硬化を予防する効果も

期待できるんですよ。

それ以外にも、

ラムネ温泉には疲労回復、

肩こりや腰痛、五十肩、

慢性皮膚炎、冷え症の緩和、

更に老廃物の除去などの

効能もあります。

美肌の湯としても知られるので、

浸かればお肌がすべすべに!

しかもこのラムネ温泉は飲むと

胃腸にも良い

とされているんです。

温泉の敷地内に水車があり、

その近くの蛇口から、

飲用できるラムネ温泉が流れますよ!

ラムネ温泉といっても、

見た目は本物のラムネのように、

爽やかなお湯ではありません。

源泉自体は透明なのですが、

空気に触れると

だんだん色が変化するのが特徴。

そのため、実際の温泉の色は

琥珀色をしており、

浸かると肌に炭酸が

シュワシュワと付きます。

そして、鹿児島のラムネ温泉は、

霧島市にあります。

『仙寿(せんじゅ)の里温泉』

という名称で、

こちらのお湯は

ちょっと緑がかった色を

しているんですよ。

http://www.jiyujin.co.jp/onsen/onsen.html?hotel_id=161

効能・効果も島根県のラムネ温泉と

大きな変わりはないため、

ゆっくりと浸かって

血行を促進させましょう!

鹿児島の霧島にあるラムネ温泉と島根のラムネ温泉の違いって何?

島根にある頓原ラムネ銀泉と、

鹿児島にある仙寿の里温泉には、

どんな違いがあるんでしょうか?

効能的には

そこまで違いはありませんが、

頓原ラムネ銀泉の方が、

シュワシュワとした炭酸が強いです。

反対に仙寿の里温泉は、

シュワシュワ感がマイルドなので、

肌への刺激が苦手な人や

小さいお子さんでも、

安心してずっと浸かっていられます。

また、頓原ラムネ銀泉は大浴場、

家族風呂共に内風呂ですが、

仙寿の里温泉は、

屋内と露天風呂の両方があります。

仙寿の里温泉は

家族風呂だと屋内ですが、

男女に分かれている温泉は

屋内の内風呂のほか、

露天風呂もあるので

開放感も楽しめます。

ちなみに、

ラムネ風呂は

大分県にもあるんですよ。

大分県竹田市に

『長湯温泉 ラムネ温泉館』

というところがあり、

こちらでも、

炭酸の上質な温泉が楽しめるんです。

http://www.lamune-onsen.co.jp/

島根、鹿児島、大分に行った際は、

ぜひラムネ温泉に浸かって

健康を手に入れましょう!

まとめ

ラムネ温泉とは、

炭酸が含まれた温泉で、

血行促進や

動脈硬化予防などに効果があり、

飲用すれば胃腸の働きも

良くしてくれます。

島根には頓原ラムネ銀泉、

鹿児島には仙寿の里温泉という

ラムネ温泉があり、

いずれも貸切風呂があるので、

家族で行くのもおすすめ。

あんまりラムネ感はないけれど、

シュワシュワの炭酸を

肌で感じながら、

温泉にゆったりと

浸かってみませんか?

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク