インフルエンザ予防にリレンザ?!自費購入の費用や服用法は?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

インフルエンザ

11月~12月頃に流行が始まり、

1~3月にピークを迎えます。

インフルエンザが流行する少し前から

予防接種などを受ける人もいるかと思います。

もちろん予防接種を受けていれば

かかる可能性は低いですが

予防接種をしていても

かかってしまう時もありますよね。

そんな中でも受験生にとって

インフルエンザは最大の敵です。

一般的には1週間ほどで回復しますが

受験を控えているのに

1週間も勉強が出来なかったら

結果にも大きく影響してくる

可能性もありますね。

そんなインフルエンザの予防に

良いとされているリレンザ

今回は受験生の子供の為に

リレンザの購入を検討している方へ、

リレンザの購入方法、

服用法や費用を紹介します。

インフルエンザ予防にリレンザ?!自費で購入するには?

<リレンザはどんな薬?>

リレンザ(成分:ザナミビル)は、

吸引タイプの薬で

A型・B型インフルエンザの予防

としても使えます。

そして薬を使う時に気になるのが、

効果が持続する期間です。

リレンザは10日間連続で使用するので、

予防効果が続く期間は最大10日間となります。

<リレンザを自費で購入するには?>

予防目的でリレンザを購入する場合は

保険が適用されないため、

全額自費負担になっています。

薬局やドラックストアなどでは

多くの薬を取り扱っていますが

リレンザは処方薬なので

市販では販売していません。

その為、病院で治療をしてもらって

医師から処方箋を出してもらう必要があります。

そして処方箋をもらったら

処方箋を扱っている薬局に行き

そこで購入する事が出来ます。

予防服用のためにリレンザを自費購入!効果的な服用法や費用は?

リレンザを自費購入する時に

気になるのが費用ですよね。

ここでは、リレンザの費用と

使用する時の効果的な服用法を紹介します。

<リレンザの費用は?>

リレンザの費用は1ブリスター(個)約153です。

リレンザは基本的に10日分処方され

10日で20個のブリスターが必要となるので

全部で3060かかります。

また、薬代の他にも、リレンザを購入するには

医師の診療が必要になるので

その代金が必要となり、

病院によっても値段は異なりますが

治療代と薬代を合わせて

約5000円~6000円の自己負担が見込まれます。

詳しい金額はかかりつけの病院に

問い合わせてみて下さい。

<リレンザを使用する際の効果的な服用法は?>

リレンザをインフルエンザ予防として使う時に

せっかく使うならば

しっかりと効果を出したいですよね。

まず、リレンザは

粉末状になった薬を口から吸う吸入薬です。

リレンザは他の薬に比べると

副作用が少ないとされています。

インフルエンザウイルスが増殖する気道を

ピンポイントで作用するので

全身への影響が少なく

副作用も起こりにくいことが理由です。

リレンザには専用の吸入器と

粉薬が入っているディスクというものがあり

それをテーブルなどの

水平な所においてセットします。

セットが完了したら次に吸入です。

吸入する時、吸入口をしっかりくわえ

吸入を行いますが

その時の注意点としては、

吸入前には息を吐き、下を向かず、

口との隙間が出来ないように注意することです。

また、側面の空気口まで塞がないように注意します。

吸入する時は勢いよく吸います。

そして吸入後は3~5秒程息を止めて

気管支に薬剤を留めるようにします。

リレンザの吸入に慣れていない方や、

子供、高齢者の方だと失敗してしまう

なんて事もあります。

やっていくにつれ次第にコツをつかんで、

上手く吸入が出来るようになってくるので

例え失敗しても諦めず、

少しでも多く吸入できるように

慣れていきましょう。

まとめ

今回は、受験生の子供の為に

リレンザの購入を検討している方へ

リレンザの購入方法、服用法や費用について

紹介しましたがいかがでしたか?

受験を控えている子供の為にも

しっかりとインフルエンザ予防をしたいですよね。

是非、この記事を参考にして頂き

よくリレンザの事を理解した上で

家族皆でインフルエンザ予防をしていきましょう。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク