あきらめないで!ワイシャツについた合皮の色移りは落とせる!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

ワイシャツを汚す敵といえば、

真っ先に浮かぶのは、

襟や袖周りの汚れですよね。

でも、それだけでなく、

意外なところに、

しかもかなり(?)

手ごわい敵がいるのです!!

それは、『合皮の色移り』。

合皮の鞄で、

肩からナナメに掛けるタイプ、

とっても流行っていますが、

家に帰って脱いでみると、

残念な色移りが・・・・

なんてことがあります。

お気に入りのワイシャツや

オーダーで作ったワイシャツならなおさら、

そのままにして置くわけにも

いきません。

普通に洗っても取れないし・・・

といって、

そこ以外の部分がキレイなら

そのまま着ないのは

絶対もったいないですよね!

この手ごわい色移り、

どのようにしたら落とせるのか?

また、逆に合皮の鞄に

デニムの色移りがしてしまった時には、

どうすれば落とせるのか?

詳しくお伝えして行きたいと

思います。

ワイシャツについた合皮の色移りには重曹が有効!?

 

いきなりですが、

ワイシャツについた

合皮の色移りには、

重曹」が有効・・・・です!

皆さん重曹はご存知ですか?

使ったことはあるでしょうか?

そういう私も

今年重曹デビューしたばかりで、

でも一気に重曹ファンに

なってしまったのです。

薬局でもスーパーでも

100均でもお掃除用で売っていますが、

私はお風呂掃除に使ってみたのですが、

あっという間に

驚くほど、取れる!トレル!とれる!・・・

ほんの数分で、

床が新品同様になりました!

この重曹、粉末状になっていて、

水かぬるま湯に溶かして使います。

でも、シャツへの色移りの場合は、

これにもう一つ、

最強の相方「お酢」を

合わせ技で使います!

しかも、重曹は粉のまま

そのまま使います。

色移りした部分に、

スポンジにお酢をしみこませて

軽く拭きます。

酢の上に重曹の粉を振りかけます。

さらにもう一度

スポンジにお酢を含ませて

軽く拭きます。

その後で、

歯ブラシで丁寧にこすって下さい。

最後に水ですすいで

乾かせば良いのです。

他にも方法があります。

ただし、合皮の色移りは時間が命。

早くに落とすほど

色移りは落ちやすいということを

覚えておいて下さい。

洗濯洗剤(弱アルカリ性がベター)を

通常の2~3倍分、

少し熱めの50度前後のお湯に

適量の塩素系漂白剤ともに

溶かします。

その中に30分ほど浸けておいてから

すすいで下さい。

これらの方法で、

きっと上手く行くと思います。

逆パターンも!についたデニムなどの色移りの落とし方

 

つぎに、逆に鞄についた

デニムの色移りを落とすには

どうすれば良いか?

これも、「重曹」が有効です。

重曹をお湯で濡らしたスポンジか

布につけて軽くこすります。

(あまり強くこすると

傷つきますので気を付けて下さい)

ほかには、

無水エタノール」で拭き取ります。

無水エタノールは

聞き慣れないという方も

多いと思います。

エタノールでも

消毒用エタノールでもなく、

「無水エタノール」です。

エタノールは、

水を混ぜられることで、

殺菌や消毒作用を持つのですが、

無水エタノールの場合、

殺菌や消毒ではなく、

強い洗浄力を持ちます。

しかもすぐに蒸発してくれるので、

跡も残りにくいのです。

これで相当落ちにくい汚れなどが

落ちます。

合皮の鞄などについた色移りも

これで落ちることが多いのです。

さらには、

意外ですが普通の文具用の

「消しゴム」でも結構落ちます。

また、近年大人気の

メラミンスポンジ

(あの「激落ち君」の類です)

で軽くこするだけでも、

これも良く落ちますよ。

ちなみに、

ジーンズ(デニム)の場合、

購入したら余分な染料を落とすためにも

洗濯することをおススメします。

買ったときの好みの色とは

少し変わってしまうかもしれませんが、

最初にこれをして置くと、

急な雨の時や

暑い日にたくさん汗をかいても、

色移りせずに済みます。

まとめ

「重曹」や「無水エタノール」って、

最初は少しハードルが

高い感じもしますが

(理科の実験みたいで)

一度使ってみると・・・

安いし、便利です!

いざという時に

色んなことに役立つので、

常備しておかれることを

おススメします。

そしても友達にも

是非教えて上げて下さいね!!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク