みかんの皮を捨てるなんてとんでもない!活用方法や効果って?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

みかんを食べ終わった後、

普通なら皮って捨ててしまいますよね。

でも捨てるのは

ちょっと待ってください!

そのみかんの皮、

実は色んなものに活用できるので、

捨ててしまうのは勿体ないですよ。

今回は、みかんの皮には

一体どんな効果があるのかと、

みかんの皮を有効活用する方法を

まとめてご紹介。

知っておけば、あなたもきっと、

みかんの皮に対する見方が

変わって来るかも知れませんよ!

みかんの皮にはどんな効果があるの?

スポンサーリンク

ではまず、みかんには一体

どんな効果があるのかを知っていきましょう!

みかんの皮には、

食物繊維ビタミンCの他に、

ポリフェノールの一種である

ビタミンPが含まれています。

ビタミンPは毛細血管を強くしたり、

コレステロール値を改善させる

効果を持っているんですよ。

また、みかんの皮にはこの他にも、

血流を良くして身体を温めたり、

むくみの改善、胃腸の消化機能の向上、

美肌効果、咳止め、

更に脂肪を分解する効果まであります。

こんなにたくさんの効果を持っているなんて、

今まで捨てていたのが

本当に勿体なく感じますね。

特に、身体を温める効果や

美肌効果、脂肪分解効果

は、女性にとってかなり嬉しいことだらけ。

実の方は美味しく食べて、

皮も捨てずに有効活用していきましょう。

そうすれば、健康にも美容にも

効果を発揮してくれますよ!

ちなみに、みかんの皮は

農薬が付いているといけないので、

塩や食器用洗剤を使って、

表皮をよく洗っておいてください。

みかんの皮の再利用方法って?

では、みかんの皮の再利用方法を紹介します。

・みかん風呂

みかんを天日干しにして

水分を取ったものをネットなどに入れ、

お風呂に浮かべましょう。

すると、みかんの良い香りで

リラックス効果もあるし、

お肌にも良いので、美容効果もあります。

血流も良くなるため、

冷え症の人にもおすすめです。

・みかん茶

乾燥させたみかんの皮を

急須かティーポットに入れ、

お湯を注いで少し置きます。

すると、簡単にみかん茶の完成。

身体も温まるし、

胃腸の働きを改善してくれたり、

咳止めにもなりますよ。

また、乾燥したみかんの皮を細かく砕いて、

ヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめ。

・掃除

皮を熱湯で15分くらい

煮だした汁を覚まして、

スプレー容器に入れ、

ガス台やフローリング、

お風呂の浴槽などに吹き付けて

こすってみてください。

皮に含まれるクエン酸や

リモネン、ペクチンなど成分によって、

汚れがキレイに落ちるし、

ツヤも出してくれますよ。

消臭効果もあるので、

電子レンジの掃除にも使えます。

・虫よけ

乾燥させたみかんの皮に火を点けると、

蚊取り線香と同じ効果を

発揮してくれるんですよ。

しかもどうやら、蚊だけではなくて、

ゴキブリ除けの効果もあるんだとか。

・肥料

みかんの皮は肥料としても使えるので、

家庭菜園をしている人にもおすすめ。

乾燥させたみかんの皮を細かくちぎり、

土と混ぜてください。

すると肥料になるだけでなく、

アブラムシなど害虫除けにもなるので、

すごく便利ですよ。

みかんの皮って、

こんなにもいろんな使い道があったんですね!

冬になったら、

みかんの皮は捨てずに

乾燥させて、色んなことに活用しましょう!

まとめ

 

みかんの皮には、

コレステロール値やむくみの改善、

美容やダイエット効果や、

身体を温める効果もあります。

また、掃除に使えば、

汚れが落ちやすくなるし、

臭い消しにも使えますよ。

他にも虫よけや植物の肥料など、

使い道は幅広いので、

みかんの皮は捨てずに取っておいて、

再利用してみましょう!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク