ちょっと耳より情報!健康診断前日に悪あがきをするならコレ!!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

会社などで

健康診断を控えているのに、

不安でいっぱい…

そんなことってありませんか?

学生時代に経験した

テスト前日の一夜漬けにも近い、

健康診断前日の悪あがき。

健康診断前日の食事時間厳守、

飲酒や喫煙のルール等を見直しながら、

できる限りの悪あがきに

チャレンジしてみましょう!

前日の悪あがきといえば糖質・酒類・タバコを断ちましょう!!

健康診断で調べられる項目は

実にさまざまです。

なかでも生活習慣病に関わるような

項目については、

特に気をつけたいところです。

三大悪あがきポイントとしては

次の三つが代表的なものと

いえるでしょう。

【糖質】

炭水化物に含まれている成分で、

ブドウ糖などの単糖類、

砂糖や乳糖などの二糖類、

でんぷんやオリゴ糖などの多糖類、

キシリトールなどの

糖アルコールに分類されます。

エネルギー源として使われる栄養素ですが、

余った糖質は

中性脂肪に変わってしまい、

肝臓や脂肪細胞に

蓄えられてしまうのです。

健康診断前日は

この糖質を含む炭水化物を

控えめにすることで、

蓄えられた分からエネルギー源として

使わせようということです。

ご飯、パン、麺類、

じゃがいも、粉ものは

控えるようにしましょう。

【酒類】

うっかりして飲んでしまった!

となってしまいがちなお酒ですが、

前日は飲まない方がいいですね。

お酒好きな人が気になる

γ(ガンマ)-GTP値は、

できれば1週間の

アルコール断ちができれば、

正確な数値が出ると言われています。

アルコール類は

尿検査での尿たんぱくや尿糖、

尿pHに影響を与えます。

また、血液検査では

通風(つうふう)の判断材料となる

尿酸値、血糖値や

中性脂肪への影響が心配されます。

万が一飲んでしまった場合でも、

焦らずにお水をたっぷり飲んで

尿として出すように

意識してみるだけでも

変わりますよ。

【タバコ】

タバコはその煙のせいで、

胃の検査でよく見えず

検査を阻害する可能性が

考えられます。

また、ニコチンによる

血管収縮によって

血圧が上がってしまう恐れも。

他にも、血液検査で

コレステロール値への影響が

出てきます。

前日だけは、

ガムやキャンディーでごまかしながら

禁煙できるようにしたいものです。

それ以外にも、

過度の運動や発熱があった場合に

尿たんぱくで

陽性が出ることがあります。

スポーツが習慣化している人は、

前日だけでも安静にしておくことを

おすすめします。

10時間前の絶食&せめて前日くらいは十分な睡眠を心掛けましょう!

基本的なルールとして

病院や医師からも説明がありますが、

正確な数値を出すために、

10時間前の絶食

睡眠時間の確保は守ってほしい

悪あがきポイントです。

【食事の制限は厳守!】

10時間前だと、

例えば朝9時に健康診断だった場合は

前日の23時までに

夕食は済ませるということに

なりますね。

23時以降は絶食ということです。

絶食は食べ物だけは取ったらだめです

ということなので、

水は制限されていません。

ただし、血管収縮作用を持つ

カフェインを含むコーヒーや

紅茶などの飲み物は飲まない方が

いいですね。

点滴と同じ成分だといわれているからと

清涼飲料水などの

甘い飲み物も厳禁です。

服薬している場合には

絶食中に飲んでもいい薬なのか、

医師へ確認するようにしましょう。

【睡眠時間を確保!】

睡眠不足は血糖値や

血圧に影響してきます。

慢性的に睡眠が足りていないと、

ストレスや疲労が

蓄積されやすいため、

尿検査や血液検査で

多くの異常値を出してしまう可能性も。

せめて前日だけでも

たっぷり眠ることができれば、

蓄積された疲れや

ストレスの軽減に役立ちますし、

異常値も出にくいです。

理想としては、

7〜8時間は眠れたらいいですね!

せっかくの健康診断。

自分自身で異常となる状態を

作ってしまわないように

注意しましょう。

健康診断当日は、朝起きたら

コップ1杯の水を飲んでから

出かけるといいですね。

採尿の際、

おしっこが出ずに

トイレにこもらなくて済みますよ!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク