我が強い人の特性を生かす!こんな仕事があなたに向いている!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

我が強いという言葉は、

どこか皮肉めいた響きですよね。

自分の意見を押し通すし、

わがままで融通がきかないし、

付き合いづらい人というイメージが

頭の中に浮かびます。

我が強い人の周りにいる人たちは、

いつも

「振り回すのはやめてくれ~」

と思っているかもしれません。

けれど、当の本人は、

自分が我が強いということに

気づいていないことが

多いのではないでしょうか?

我が強い人の特徴とは?

我が強い人には特徴があります。

もちろん、

これに当てはまったからと

我が強いんだと

言い切れるものではありません。

共通している特徴なんだ~

くらいの気持ちで見てくださいね。

1 感情をコントロールできない

人には喜怒哀楽がありますが、

我が強い人は特に怒る感情を

自分でコントロールすることが

苦手です。

ふつふつとわき上がる怒りを、

うまく流すことができず、

理不尽に怒ってしまうことがあります。

イライラする、モヤモヤする

といった負の感情に対する耐性が

あまり無いのです。

2 自分に自信がない

自信があるから

我を通すんじゃないのか?

と思う人もいるでしょう。

それが、逆なのです。

自分の自信の無さを

人に見せたくないからこそ、

強く出ようとします。

いつも我を通す自信満々そうな人が、

蓋を開けてみると、

誰よりも自信が無く、繊細で、

人からどう思われているのか

気にしていたということも

珍しくありません。

3 自分の話を聞いて欲しい

我が強い人は、

人に自分の話を聞いて欲しくて

自信の意見を

突き通していることがあります。

例えば、会話の途中で

「私はこう思う」と言うのも、

自分に注目して欲しいからです。

できれば会話の中心にいたい。

耳を傾けて欲しい。

そのような気持ちが

心の中にあります。

我が強いあなたの長所って?生かす方法は?

スポンサーリンク

我が強いことは、

なにもマイナス面ばかりでは

ありません。

自分の意見を

自分の口から言えることは、

素晴らしいことです。

ただ、言葉が強かったり、

周りのことが

あまり見えていなかったりすることで、

他人とうまく付き合うことが

できないでいるのです。

まずは、以下のことを意識して

過ごしてみてください。

1 相手の話を最後まで聞こう

意見を出す前に、

相手の話を最後まで

聞いてみましょう。

賛成できないと思っていたことが、

話を最後まで聞いてみて

「そんな風に考えていたから、

その結論に辿り着いたんだな」

と納得できることがあります。

最後まで話を聞いて、

それでも納得できなかった時に、

自分の意見を言ってみては

どうでしょうか?

2 言葉にする前に1度考えよう

我が強い人は、

頭に浮かんだ言葉を

パッと出してしまうところがあります。

その前に、1度

「自分の言葉は今この場面で言わないと

いけないことか」

「もっと他の言い方はないだろうか」

頭の中で考えてみるのも

いいでしょう。

3 みんな同じではないことを頭に入れておく

みんながみんな同じ意見になることは、

まず無いです。

だからといって、

あなたは我慢して、

相手の意見だけを尊重して欲しい

というわけではありません。

ただ、

相手にも相手の意見があるんだなぁ

ということを

頭に入れておいてください。

それだけでも、

見方が少し変わります。

自分の意見が言える+人の意見が聞ける

ようになると、

我が強いという

一見短所に見えるところも、

長所になってきます。

この長所はどの職業にも必要です。

例えばですが、

クリエイティブな業界や、

広告製作会社など、

自分の意見を言い、

様々な意見を聞き、

いいものを作り上げていく仕事が、

やりがいがあると感じるでしょう。

迷走中、我が強い私を弱らせて直す努力は必要ないの?

我が強いことを

「直す」必要はありません。

ただ、自分の性格と向き合い

工夫」することは

してみてもいいでしょう。

我が強いというのは、

あなたの一部分でしかありません。

あなたには他の側面もあります。

面倒見がいい面や、

正義感に溢れる面など、

様々な一面があるでしょう。

それなのに、

我が強いからと遠巻きにされるのは

本当にもったいないことです。

じゃあ、一体どうすればいいの?」

と思った人。

先ほど話した

「相手の話を最後まで聞く」

「言葉にする前に1度考える」

「みんな同じではないことを頭に入れておく」

ということを意識して

コミュニケーションを

とってみてください。

意識してみることが

「工夫」の第一歩です。

まとめ

我が強いというのは、

自分の性格でもありますから、

すぐに変えられるものでは

ありません。

ですが、変わろうと思えば

必ず変われます。

実際、私も我が強いほうなのですが

意識するだけでもかなり違います。

「あ、しまった。我が強いところが出た」

と気づいたら、

ごめんなさいと謝りましょう。

それでいいのです。

素直さを忘れずに、

毎日のコミュニケーションを

楽しんでください。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク