自宅で毛布を洗うにはどうしたら?ふわふわにするワザも公開!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

夏が終わり、特に夜は肌寒くなってきましたね。

そろそろ衣替えをし、寝具を冬用にしたいと思う方が多いのでは?

私の家では一年中使える布団を購入したので、

早めに毛布を出して体温調整していこうと思っています。

この毛布、大きいうえに重たい。

冬の水仕事…、とても億劫ですよね。

だからと言って何もお手入れしないのはいかがなものか。

今回は、毛布の洗濯方法や、

ふわふわにするコツを伝授します!

自宅での毛布洗濯の仕方とは?!

スポンサーリンク

まずはお持ちの毛布が家で洗濯可能か確かめましょう。

毛布に洗濯機・手洗いマークが表示されていれば大丈夫です。

洗濯機に入るか入らないかで洗濯方法が変わってきます。

ちなみに私の家ではシングルの薄めの毛布だった為、

今から紹介する方法で行っています。

洗濯機に毛布が入る場合。

洗濯機に毛布を洗濯するモードがあればそれで行いましょう。

ない場合は、手洗いの弱水流で洗うと良いです。

その後の工程は普段の洗濯と同じように行いましょう。

洗濯機に毛布が入らない場合。

このような場合は浴槽を使用しましょう。

まずは浴槽にぬるま湯を張ります。

そこにおしゃれ着用洗剤を溶かし、

足で踏んで押し洗いします。

大きな物になるので手でこするよりは、

豪快に足でじゃぶじゃぶと押すことがポイントです。

その後は2、3回すすいで水気を切って脱水します。

浴槽のふちに少し掛けておくだけでも違うので試してみてください。

また、どちらの洗濯方法でもネットに入れて脱水する際は、

ロールケーキ状に毛布を巻くことが大事です。

たったこれだけの手間で型崩れが防げるので

めんどくさがらず行いましょう。

毛布を洗濯してふわふわにするためのコツ

まずは、洗剤は使用量以上使用しないようにしましょう。

あと、普通の洗濯と共通していますが、

すすぎに柔軟剤を入れることが効果的です。

今流行のナチュラルクリーニングの手法であれば、すすぎに大さじ1のクエン酸を入れても効果的です。

そして乾きが早くなるんじゃないかと

脱水を長めにする人がいますが、

毛布は摩擦に弱いので長めにまわすのはやめましょう。

干す際は、物干し竿を2本使用するのがおすすめです。

毛布がМ字型になるように干すことで早く乾くようになります。

直射日光には決して晒さず、

3時間を目途に干すことでふわふわになります。

直射日光は早く乾くのですが、

堅くゴワゴワになりやすいです。

おわりに

初めにも言いましたが、

寒い季節の水仕事はしんどい・・。

毛布は大きくて、重たい。

ただでさえ億劫になってしまう相手ですが、

基礎知識を得ておくことで賢く洗濯が行えますよ!

わたしは冬の布団って家の中で一番好きな場所なんです。

温かくてふわふわした自分だけの空間って大事ですよね・・。

夜にもぐりこんで眠るのは、まさに至福のときです。

この幸せを得るためにも、

是非ご紹介した洗濯方法を試してみてくださいね!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク