毛布にカバーはいらない!?効果や必要性は?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

寒くなると毛布が恋しくなりますね。

ところで、毛布にカバーはつけますか?

私は子供のころから付けない派だったのですが、

話しているとカバーをつける方も多く、

お店でも見かけることが多くなりました。

ガーゼで出来ているものやタオルを掛けたものまで

様々カバーもあります。

一度試してみようと思い、

カバーを購入して付けてみました。

今回は私が毛布にカバーをかけた時に感じた利点と欠点、

お手入れ方法についてのご紹介をします。

毛布にカバーは必要なの?つけることの利点と欠点

 

<欠点>

購入前に、毛布にカバーを付けたことがある方から聞きました。

すると、毛布がカバーの中で丸まってしまって

寒いなどの話が出てきます。

毛布には布団と違って、

止めるためのひもなどが付いていないので、

カバーの中で丸まりやすいです。

それを防ぐために、

自分で角に糸を縫いつけたり、

新しくひもを付けたり、

そういった手間がかかります。

また、カバーを付けることにより、

毛布のふわふわが台なしになって、

温かさを感じないということもあります。

毛布の毛並みがなくなるため、

冷たく感じることが増えます。

話をしていると欠点が多く出てきますが、

毛布にカバーを付ける利点はあるのでしょうか?

 

 

 

<利点>

毛布は布団と同じように大きいため、

直接は洗いづらいですよね。

でも、毛が長いため、綿ぼこりや髪の毛などが溜まりやすく、

ダニなどの心配もあります。

毛布カバーをしていれば、

カバーを洗うことで肌に触れる部分は清潔になります。

毛布を直接洗うより手軽に綺麗にできますよね。

また、毛布は綿ぼこりを発生する大きな原因になりますが、

カバーをすることによって、

埃の発生が減り、掃除もしやすくなります。

そんな利点のある毛布カバーですが、

付けたことのない方は多いと思います。

毛布にカバーを付けた場合のお手入れ方法

布団カバーやまくらカバーなどの肌に触れるものは、

1週間に1度洗うことが望ましいです。

毛布のカバーも布団やまくらと同じように

洗濯機に入れて洗います。

素材がタオルやガーゼなので、

他のカバーより早く乾くのもいいですよね。

しっかり乾かしたらまた付けます。

本体の毛布は天気の良い時に外に干します。

洗濯するのはしまうときと出した時に

コインランドリーに持って行くだけです。

毛布の洗濯は1枚ずつになりますし、大変ですよね。

清潔に保ちたい方は、毛布カバーをおすすめします。

 

まとめ

今回は毛布にカバーをかける利点と欠点と簡単なお手入れ方法をご紹介しました。

羽毛布団だと上に乗せることが多くなるため、

直接肌に触れる機会は減りますが、カバーを付けていると、きれいに保てます。

良ければ検討してみてくださいね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク