日本人なら知っておきたい着物の前合わせ!洋服とどうして違う?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

普段あまり着物や浴衣を着る機会はないものの、

夏になるとお祭りなんかに浴衣を着たり

成人式や結婚式で振袖や着物などを着ることはあるかと思います。

振袖や着物、留袖なんかの着付けは

お店でやってもらうことが多いかもしれませんが

浴衣ぐらいは自分で着たり子どもに着せたりすることもありますよね。

しかしいざ着付けをしようとすると、

右が前か左が前か悩んでしまうことありませんか?

今回は着物や浴衣は右前である理由を調べていきましょう!

理由を知って覚えておくことで、もう着付けのときに悩むことはなくなりますよ♪

レディースのボタンは右じゃなく左前・・着物は右前・・・

スポンサーリンク

洋服を見てみると、レディースは左にボタンが付いていて

メンズは右にボタンが付いていますよね?

これには何の違いがあるのでしょうか?

その昔、

男性は自分で服を着ていたけど

女性は召使に服を着せてもらっていた

というところからきている説が濃厚です。

自分で着ていた男性の服のボタンが右前なのは、

人間の多くは右利きが多いからというのが理由となっています。

確かに利き手の方が使いやすいですもんね!

では、なぜ着物は洋服と違って男性も女性も右前なのでしょうか?

これにはいくつかの理由があるようです。

様々な諸説がありますが、

左前は高貴な人だけが許されて

庶民は右前にして着ていたという中国思想から

聖徳太子がその考えを日本に普及させたためであると言われています。

高貴な人よりも庶民の方が圧倒的に

人数も多かったために右前に着る

ということの方が一般的に定着したようですね。

女性の着物と洋服の右前と左前の違いについて簡単にまとめると、

 

洋服は昔女性は服を着せてもらっていたから、

着物は庶民と貴族の違いがあったから

 

ということになります!

着物の右前が正しくて、左前が死人って、どうして?

次に、着物を左前にして着るのは

死人の着方だというのは皆さん知っていると思います。

なぜ死人は左前なのか、

絶対に普通に着るときは右前じゃないといけないのか

という疑問はありますよね?

その疑問についてお答えしたいと思います。

先ほど奈良時代では貴族と庶民を区別するために

右前と左前が分かれていたと言いましたが、

それがなぜ左前イコール死人の着方となってしまったのでしょうか。

そもそも左前は死人の着方ということ自体が

少し間違っていて、

昔は生きている人と死人をすぐに区別するために

死人には左前の着せ方をしていたようなのです。

そして、人は死ぬと位が上がり神や仏に近くなるという考えから

位の高い貴族は左前にして着ていたというわけなのです。

なので左前にして着る事は縁起が悪いというわけではないのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

洋服の右前左前の違いや着物の右前左前の違いは

結構意外だったのではないでしょうか。

基本的には着物や浴衣を着る時は

右前にするのがいいと思いますが、

最近は左前にした着方の人も居るようなので

そこまで気にすることではないかと思います。

知らずにやっているのか、意図的になのかはわかりませんが・・・。

私も自分で浴衣の着付けをするのですが、

パパッと適当に着た時は左前になっていることがあります・・・

自分で気づいた時は良いのですが、

たまに気付かずそのまま人と会ったりします。

意外とみんなも気付かないんですよね。

家に帰って脱ぐときにやっと気付いたりなんてことも多々あります。

写真を撮ることがあると、残るのでちょっと気になりますが。汗

なのでこれからは、浴衣を着るときは

自分は右手が利き手なので利き手側が手前にくるように着る

と覚えておくようにしたいと思います。

左利きの人は利き手側が上にくるようにと

覚えておいたら分かりやすいと思いますよ♪

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク