製菓用チョコレートをそのまま食べる?!おすすめ5選もご紹介

アドセンス本文上

スポンサーリンク

お菓子つくりの材料の

製菓用チョコレートですが、

そのままでも十分美味しい

製菓用のチョコレート

色々種類のある中でも

是非食べてもらいたい

5選もご紹介します。

製菓用チョコレートは美味しい?!そのまま食べる人もいる!?

製菓用のチョコレートと

市販のチョコレートの違いです。

「製菓用チョコレートは

カカオ本来の口どけと

香りが強く感じられますが、

市販のチョコレートは

カカオバター以外の油脂や

様々な材料が入っているので、

カカオ本来の味を楽しむには

製菓用に比べて

かなり不向きになります。」

多様なチョコレートのうち

製菓用チョコレートとして

用いられるのは

クーベルチュール

と呼ばれるものです。

クーベルチュールとは、

「カカオ分が35%以上、

カカオバターが31%以上

含まれており、

カカオバター以外の

代用油脂は5%まで」

という厳しい国際規格を通った

チョコレートとなります。

そのため、カカオが占める割合が

高い事になります。

カカオ本来の味を楽しめるのは

これが理由です。

実は美味しい製菓用チョコレート!そのまま食べるのもおすすめの5選

それでは、

そのまま食べても美味しい

おすすめな製菓用チョコレートを

ご紹介します。

①スイートチョコレート

成分はカカオ+カカオバター+糖分です。

カカオ成分が多いので、

甘さは控えめでビターな味わいです。

カカオの風味が強い

チョコレートでもあります。

✱カレボーのスイート:

バルギー社のカレボーの中でも

ロングセラーのスイートチョコレート。

スイートといっても

甘さが強いわけではなく、

原材料にミルク成分を使わない

カカオならではの苦味と

香りが楽しめます。

苦味・甘み・酸味の

バランスが良いチョコレートです。

②ミルクチョコレート

成分はカカオ+カカオバター+乳成分+糖分です。

乳成分が加わる事で

カカオの風味は弱くなるものの、

甘さは増します。

マイルドな味になるのが特徴です。

✱ヴァローナのジヴァララクテ:

ミルクとバニラの香りがあり、

きちんとカカオの苦味もある

バランスがよいチョコレートです。

③ホワイトチョコレート

成分はカカオバター+乳成分+糖分です。

カカオエキスが入っていません。

色が白いのも特徴です。

✱ルカ カカオのシエラ:

カカオバターが45%と

通常のホワイトチョコよりも

たっぷりと入っています。

そのため舌の上でスーッと溶け

後味がすっきりしています。

ミルク臭さがないホワイトチョコの

イメージが変わります。

④ブロンド

ホワイトチョコレートを

キャラメリゼしたことで

偶然生まれたチョコレートです。

第4のチョコレートとして

人気が出てきている、

新しいジャンルのチョコです。

コクと香ばしさ、

最後にうっすらと感じられる塩味は

塩キャラメルのような風味です。

ホワイトチョコをトーストすると、

クッキーのように

サクッとした食感になります。

✱ヴァローナのドゥルセ:

第4のチョコと言われる

ブロンドの元祖がこれです。

ブロンドはヴァローナ社が

偶然に生み出したチョコレートです。

これは是非一度は食べて欲しい

チョコレートです。

⑤その他

大東カカオ・森永・ヴァンフォーテン・

カレボー・ヴァローナ・

カカオバリーなどメーカは様々です。

色々試食してみる事で、

自分の好みのチョコレートを

探してみましょう。

日本人の口に合うのは

大東カカオの

スペリオールエクアトゥールです。

❤ 最後に 

人それぞれ好みは違いますので、

カカオ成分が少なめのチョコレートから

はじめてみるのも良いですね。

カカオ成分が高くても、

案外食べやすく

びっくりすると思います。

値段や販売量も違いますので、

お好みのメーカー

見つけられるといいですね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク