手作りチョコの日持ちっていつまで?気になる消費期限をチェック!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

バレンタインのプレゼントと言ったら

やっぱりチョコレート。

好きな人へのプレゼントや、

お友達へのプレゼントに

チョコレートを手作りする人も

多いですよね。

お店のチョコレートには

賞味期限が書いてあるけれど、

手作りチョコって一体

どれくらい日持ちするか

ご存知ですか?

手作りチョコレートの日持ちがわかれば

プレゼントする時に

いつまで食べて欲しいか伝えられるし、

手作りする日を

逆算することもできますよね!

そこで、手作りチョコの日持ちを

チョコの種類別にまとめましたので

参考にしてみてくださいね。

生チョコ、型抜き…チョコの種類で日持ちは異なる!種類別の賞味期限一覧

スポンサーリンク

生チョコ、トリュフ

日持ちは冷蔵で3〜4日です。

手作りチョコをプレゼントの定番は

やっぱり生チョコですよね!

生チョコやトリュフには

生クリームが使われているので、

保存は冷蔵が基本で、

日持ちは短くなります。

生クリームの他にも、

フルーツのように生物が

使われている場合も

日持ちしないので注意しましょう。

チョコマフィン

日持ちは常温で3〜4日です。

マフィンは簡単で

一度にたくさん作ることができるのが

良いですね。

型抜きチョコ

日持ちは常温で4〜5日、

冷蔵庫で1週間程度です。

溶かして型で固めるチョコレートは

手軽に作れるので、

友チョコにたくさん作れますよね。

ブラウニー、パウンドケーキ

日持ちは常温で1週間程度です。

お菓子作りが好きな方や、

チョコレート以外に挑戦したい方は

ブラウニーやパウンドケーキも

オススメです。

何と言っても日持ちするのが

嬉しいですね。

ブラウニーやパウンドケーキは、

作ってすぐよりも

2〜3日置いた方が味がなじんで、

しっとりと美味しくなるので、

プレゼントの前日に

手作りができない方にもオススメです。

◯日後に渡せるレシピ、何がある?賞味期限別おすすめチョコレシピ

 

プレゼントしたい日の前日に

手作りができると良いのですが、

都合が悪くて前日には作れないことも

多いですよね。

手作りチョコの日持ちは、

チョコの種類で変わってくるので

渡す何日前に作れば良いかを

ご紹介します。

翌日渡す場合

前日に作ることができる場合は、

生チョコ、トリュフ、マフィンなど

日持ちしないものも作れますね!

生チョコのおすすめレシピはこちら

本当に簡単♪材料3つで絶品の生チョコ

URL: https://cookpad.com/recipe/238709

トリュフのおすすめレシピはこちら

ゴディバを超えた!?私のトリュフ♡

URL: https://cookpad.com/recipe/504174

マフィンのおすすめレシピはこちら

チョコチップマフィン

URL: https://cookpad.com/recipe/1456088

2〜3日後に渡す場合

チョコレートを溶かして

固めるだけのものであれば

2〜3日前に作っても大丈夫!

型抜きチョコのおすすめレシピはこちら

ハートの型抜きチョコレート

URL: http://www.choco-recipe.jp/milk/recipe/079.html

チョコレートを溶かして、

ナッツやシリアルを混ぜたレシピはこちら

簡単おしゃれチョコバー

URL:https://cookpad.com/recipe/2468502

4〜5日前

プレゼントしたい日が金曜日で、

その前の日曜日しか時間がない!

そんな場合には日持ちするブラウニーや

パウンドケーキがおすすめ!

渡す前に寝かせることができるので、

しっとりと味が馴染んで

更においしくなりますね。

ブラウニーのおすすめレシピはこちら

URL: https://cookpad.com/recipe/301924

パウンドケーキのおすすめレシピはこちら

URL: https://cookpad.com/recipe/969785

プレゼントしたい前日に

作る時間がない時には、

作るチョコの種類を

変えて見るのも手ですね。

まとめ

手作りチョコの日持ちは

短いことがわかりました。

工場など環境が整っている場所で

製造するのではなく、

家庭で作るために

どうしても短くなってしまいます。

レシピによっては、

生クリームやフルーツを混ぜるものもあり、

このようなチョコは

さらに日持ちしない

ので注意しましょう。

溶かして固めるだけのチョコから、

材料をいくつも用意して作るチョコまで

種類はたくさんあります。

作りたい種類の日持ちには

十分に注意して、

チョコ作りを楽しみましょう!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク