手作り生チョコの持ち歩き可能時間って?限界時間や条件とは!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

手作りした生チョコを

誰かに渡したい場合、

気になるのが持ち歩き時間。

渡した時に

溶けてドロドロになっていた、

というのは、

絶対に避けたいですよね。

そこで今回は、

生チョコの持ち歩き時間は

どのくらいなのか、

また保存する時の注意点を

紹介します。

生チョコは何時間なら持ち歩いても平気?温度・季節・状況ごとに解説!

スポンサーリンク

生チョコって、

どのくらい持ち歩いても

平気なんでしょうか?

だいたい15℃以下の温度

保っておけば、

何時間でも持ち歩いて大丈夫です。

でもなるべく涼しいところで

保管する必要がありますね。

春や秋なら、

直射日光に当てなければ、

常温でも構いません。

ただし注意したいのが夏と冬。

夏場は当然気温が高いから、

溶けないように保冷剤を

入れておかないといけません。

また保冷剤を入れた場合でも、

暑い時期に

小さめな保冷剤1~2個だと、

2~3時間で溶けてしまいます。

夏場は保冷剤を多めに入れて、

なおかつ

保冷バックなどに入れておけば、

5~6時間くらいは大丈夫です。

そして冬場は、

気温が低いから大丈夫だろうと

油断しがちですが、

暖房が効いている

屋内にいることが多いので、

やっぱり同じように

保冷剤があると安心ですね。

出来ればどの季節であっても、

保冷剤と一緒にしておいた方が

無難です。

生チョコを持ち歩く時、

当然バッグの中に

入れておきますよね。

すると、

思いがけなく直射日光が

当たってしまっていたり、

冬場だと電車内で

暖房の風が当たって、

溶けてしまうことも考えられます。

生チョコは特に柔らかくて

溶けやすいので、

冷蔵庫にすぐ入れられない時は、

必ず保冷剤を添えて、

温度が上がらないようにしておきましょう。

温度が15℃を超えないのでしたら、

常温で1日中持ち歩いても大丈夫です。

人にあげる生チョコを手作りで作ってみたんだけど…その場合は?

バレンタインなどで、

生チョコを手作りして

渡す場合もありますね。

そんな時は、

家から持っていって

相手に渡すまでと、

受け取った相手が

冷蔵庫にいれるまでの時間、

チョコが溶けないようにしておかなければ

なりません。

つまり、相手に渡す時にも、

涼しいところで保管するように

説明しておく必要がありますね。

また、相手が持ち帰るまでに

溶けてしまわないように、

保冷剤ごと渡してしまった方が

安心です。

保冷剤はなるべく2~3個は

入れておいた方が良いですよ。

その方が、

万が一冬場に暖房の近くに

置いてしまっても、

生チョコが溶けにくいです。

そして、手作りの生チョコは、

あまり日持ちしないので、

なるべく早めに

食べてもらうようにしましょう

家での保存は

冷蔵庫に入れておくように、

渡す際に説明しておけば

大丈夫ですよ。

せっかく作った生チョコですから、

どうせなら美味しい状態で

食べてほしいですよね。

やっぱり手作りは

出来たてが一番なので、

理想としては、

その日中に食べてもらうと

良いですよ!

手作りの生チョコの賞味期限はどのくらいなの?

生チョコは普通のチョコレートに比べて、
生クリームの量が全体の10%になります。

そのため、普通の板チョコよりも
賞味期限が短くなります。

市販のチョコレートや手作りのチョコレートであれば、

「5~6日」

が賞味期限となります。

ただ、生チョコですと生クリームを使用していますので、

「3~4日」

までには食べきった方が良いです。

これは冷蔵庫で保存した場合の期限ですので、
常温での保存は避けましょう。

手作りの生チョコをプレゼントするのであれば、
前日または当日に作ることをおすすめします。

それでも時間が無い時は、
生チョコを冷凍保存する方法もあります。

やり方は2つです。

①密閉容器に入れて保存します。
②チャック付きポリ袋に生チョコを入れて、できるだけ空気を抜いて保存します。

どちらでも可能なので試してください。

生チョコレートの解凍方法

解凍の方法は冷凍庫に移して解凍します。

急いでいる時は常温で解凍できますが、
室温だと溶け過ぎてしまう恐れがあるので
注意しながら解凍してください。

また、生チョコに果物を使用した場合は注意しなければいけません。

その場合は、

「1~2日」

とかなり賞味期限が短くなります。

生チョコと言っても、
材料に何が使われているかで
賞味期限がかなり変わってきます。

作る側は「手作りチョコレートを作って満足」
ではなくて、もらう側の気持ちを考えて
作る必要がありますね。

もらったのは嬉しいけれど、
賞味期限が当日だとしたら困る事も多いですよね。

その日までに食べれなかったら
処分しなければいけません。

そうならないためにも賞味期限に気をつけて、
手作りの生チョコをプレゼントしましょう。

相手に渡す時には、
「〇日までに食べてください。」
とひと言添える必要があります。

そこまでする必要はないと思いますけどね。^^;

ただしせっかく手作りの生チョコを作ったのに
お腹を壊したなんてことは避けたいですから、
賞味期限と保冷はしっかりとしておきましょう。

1日で食べきれない場合もあります。

その点も考慮して
あげるチョコの量も考えて渡してください。

生チョコは15度以上になると溶けはじめます。
そのため保冷剤は必需品です。

生チョコ+保冷剤+賞味期限のメッセージを添えて
プレゼント完成です。

これを保冷バックで持ち運びすれば準備万端です。

季節によって気温の変化がありますが、
とにかく15℃以上にならなければOK。

持ち運びの際はこの点だけ注意してください。

そして、もし賞味期限内に食べきれないようならば、
冷凍保存が可能なことを伝えても親切ですね。

生チョコを可愛くラッピングしたい・・・上手なラッピング方法教えます!

生チョコのラッピングは意外に手間がかかります。

ココアで箱が汚れてしまったり、
柔らかいので崩れる心配がありますよね。

箱以外にも可愛いラッピング方法は無いものでしょうか。

これからご紹介するのは、
生チョコをかわいく簡単にラッピングする方法です。

どれも100円ショップに売っているアイテムで
ラッピングが可能ですのでお試しあれ。

生チョコラッピング方法①ワックスペーパーを使用

ワックスペーパーは水分や油分が染み込みにくいので、
生チョコを安心して包むことが出来ます。

さらに、乾燥もしにくいのでチョコを包むには最適です。

箱にそのまま敷いて下紙として使用する場合が多いですが、
個別にキャンディーのように包むと可愛く仕上がります。

ワックスシートの絵柄で雰囲気が変わりますので、
渡す相手によって変えてみましょう。

たくさんの人に渡す時は、
個別にラッピングするだけでボリュームが出るので
豪華に見えますし、食べやすいのが一番です。

生チョコの形にも工夫をして縦長でラッピングして、
包んだチョコを箱に入れば、高級生チョコ的な雰囲気になります。

生チョコラッピング方法②紙コップ

今は可愛い絵柄の紙コップがたくさん売られていますね。

大きさも様々なので色々選べるのが嬉しいです。

紙コップ自体はとても丈夫なので、
柔らかい生チョコには最適です。

紙コップにチョコを入れたら、
透明な袋でラッピングし最後にリボンなどを付ければ完成です。

中身が見えるように、透明なラッピング袋がおすすめです。

アレンジをするならば、紙コップの飲む側の縁を縦に少し切ります。
1周切ったら上を切り込みまで折っていきます。

全部折っていくと蓋のようになるので、
中央にシールを貼って出来上がりです。

紙コップで作ったようには見えないですよ。
紙コップは一袋にたくさん入っているので、
ラッピングのコストダウンにはおすすめです。

生チョコラッピング方法③蓋付きのカップ

蓋付きのカップはこぼれる心配が無いので安心です。

食べたらすぐ蓋ができるのがいいですよね。

持ち帰りも横にしなくてすむので、意外にも喜ばれるラッピング方法です。

生チョコラッピング方法④プチパウンドケーキのアルミ型や小さいケーキ型

小さ目のケーキ型の入れ物もおすすめです。
四角い生チョコなら2~3個くらいは入ります。

後は透明なラッピング袋に入れれば出来上がりです。
大量に作るときはラッピング袋はテープ式が楽チンです。

リボンは意外に時間が掛かりますので、
簡単に出来るラッピング袋を選びましょう。

100円ショップのものでも十分可愛く
素敵にラッピングは可能です。

アレンジも加えて素敵にラッピングをしましょう。

まとめ

生チョコは15℃以下なら

何時間でも持ち歩いて大丈夫ですが、

直射日光や暖房の温風が

当たらないように注意しましょう。

どの季節でも、

一番安心なのは保冷剤

添えておくこと。

特に夏場や

暖房の効いた部屋にいる冬場は、

保冷剤を多めに

付けておいてくださいね。

手作りした生チョコを誰かに渡す時も、

保冷剤を付けたままにしておいて、

保存は冷蔵庫にいれるように

伝えておきましょう。

また、手作りの場合は、

早めに食べてもらってくださいね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク