センター試験とは何か?知って備えるセンター試験の基本情報

アドセンス本文上

スポンサーリンク

毎年、1月頃になるとよく耳にする「センター試験

という言葉ですが・・・

正式には「センター試験」=「大学入試センター試験」です。

高等学校等の基礎的な教科・科目についての学力テストです。

大学が行うのではなく、『独立行政法人大学入試センター』が

各大学(国立、公立、私大)と協力し、

同じ日に同じ試験問題にて共同で実施します。

教科・科目は志望する大学によって選択します。

(6教科・30科目より選択)

出題形式はマークシート方式です。

検定料

3教科以上受験 18,000円

2教科以下受験 12,000円

※成績通知(4月中旬以降に大学入試センターから送付)

を希望する場合、出願時に検定料と併せて800円を払込。

センター試験の対象者は?

スポンサーリンク

 

国公立大学では「センター試験」を第1次試験とし、

第2次試験で各大学が実施する試験を受け合否となります。

近年では、多くの私立大でもセンター試験を利用しており、

大学によってはセンター試験の成績で合否判定するところもあります。

大学受験を希望する学生にセンター試験対策は必須といえます。

センター試験とはいつあるのか?

 

センター試験は毎年1月の中旬以降の土・日2日間行われます。

*平成30年度の試験実施日*

『平成30年1月13日(土)、14日(日)』

*平成30年度の追・再試験実施日*

『平成30年1月20日(土)、21日(日)』

となります。

ここで注意したいのは、事前に出願手続きが必要ということです。

出願手続きにはまず、大学入試センターの

「受験案内」「受験上の配慮案内」を入手します。

 

「受験案内」の入手方法

・センター試験に参加する大学の窓口にて配布

(配布期間:平成29年9月1日(金)~10月6日(金))

学校単位の一括請求申し込み

※高等学校在学の場合はこちらになり、学校経由で出願となります。

・郵送

※全国学校案内資料管理事務センターに申し込む。

パソコン・スマホ・ケータイから請求できます。

「受験上の配慮案内」の入手方法

・大学入試センターのホームページからダウンロード

・郵送

詳しくは大学入試センターホームページにてご確認ください。

http://www.dnc.ac.jp/center/shiken_jouhou/h30.html

センター試験にむけて、出来るだけ早い段階の準備が必要となります。

郵送などでの手続きとなると時間もかかる為

早めに手続きすることをおススメします。

まとめ

志望する大学に問い合わせるなどして

前もって情報を集め、余裕を持ってセンター試験に臨みましょう!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク