給湯器のお湯が出ない!!原因は凍結?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

もうすぐ寒い季節がやってきますね。

寒い季節に使用頻度があがるものとして、

すぐにお湯を沸かすことのできる給湯器があります。

寒い地方にお住まいの方は

給湯器が凍結するという状態になったことはありませんか?

長年住んでいると原因についてご存知でしょうし、

対策についても理解しているかと思います。

そこで今回は、

寒い地方に引っ越しをする方、引っ越しの予定がある方を中心に、

給湯器の凍結について話をさせていただきます。

また、寒い地方に引っ越しする予定もないし

この記事はもう用なしと思われている方も、

給湯器の凍結は寒い地方の話だけではないことを少し触れるので、

少し読み進めていただけたらありがたいです。

お湯が出なくなってしまった!凍結はどうやって起こる??

スポンサーリンク

そもそも給湯器が凍結する原因についてですが、

給湯器内を通っている水は蛇口を閉めても残ってしまいます。

その給湯器内に残ってしまっている水が、

寒い地方では冬の夜間に凍ってしまうのです。

また、寒い地方ではどの家庭でも起こるというわけではなく、

毎日のように給湯器を使用し水が流れている家庭では起こりにくく

長い時間給湯器を使用せず管内の水が残っている状態の家庭

起こりやすくなるのです。

簡単に言うと、流水は凍りにくいということです!!

また、先ほども軽く触れましたが、

暖かい地方でも1、2月の寒い時期になると

給湯器凍結する可能性があるので注意が必要です。

給湯器が凍結する日の例として、

昼間でも極端に寒い気温(-15℃)や、

夜間の気温が0℃を下回る日風の強い日は特に気をつけたほうがいいです。

では、実際に凍結になってしまったときの対処方法や、

凍結させないための対策を事項で説明いたします。

冬の凍結対策、すぐにできる方法を紹介!

まず給湯器の凍結を防ぐ方法を説明いたします。

給湯器の機能として

外気温が寒い時(0℃付近)に凍結防止用のヒーターが作動します。

なので、給湯器自体を使用しない場合でも電源を入れておくのも

対策の一つとなります。

また、給湯器につながっている配管を保温するという方法もありますが、

排気口をふさぐと別の事故の原因にもなりますので注意してください。

先ほど流水は凍りにくいといった通り、

少量の水を流すのもいいかもしれません。

逆に凍ってしまう可能性がある水を配管内から抜くという方法もあります。

このように凍結を防ぐ方法はたくさんあるので、

ご自身の給湯器に合った対策方法を選んでみてください。

続きまして、もし凍結してしまったときの対処法も説明いたします。

凍結してしまったときはまず解凍しようと思いますが、

急に解凍するのではなく自然に解凍するようにしてください。

急な解凍をしてしまうと温度変化が激しくなり

配管が破裂する可能性があるからです。

無事解凍することができましたら、水もれがないかの確認もしてください。

万が一、凍結により配管が破裂し水が漏れてしまったら、

すぐに元栓を締め業者の方に連絡をして直してもらうしかありません。

まとめ

いかがでしたか?

寒い地方出身の人なら当然の内容だったかもしれませんが、

これから引っ越しをされる、考えている方は

勉強になることが多かったのではないでしょうか。

この記事で引っ越しの役にたてたなら嬉しいです。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク