2月の流氷ツアーはマイナス10度以下!?どんな服装が望ましい?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

冬になると、北海道の流氷ツアーが大人気です。

オホーツク海を埋めつくす流氷の壮大な景色!

誰もがぜひ一度、本物の流氷を眺めてみたいと思うことでしょう。

北海道の流氷ツアーは列車から海に浮かぶ流氷を見学するものや、

流氷の上を歩くという上級者向けツアーまで様々なタイプがありますが、

氷の中を進んでいく砕氷船に乗りながら流氷を楽しむツアーが人気です。

しかし、ただでさえ寒い北海道なのに、船で海に繰り出すわけですから、

それがどの程度の寒さなのか想像できない人も多いでしょう。

普通のダウンジャケットでいいのか?

下はジーンズでも大丈夫なのか?

そんな風に着ていく服に悩む人もいるはずなので、

今回は流氷ツアーに最適な服装をご紹介します。

流氷ツアーはマイナス10度以下になることも!北海道での服装、2 月ころはどうする?

北海道の1月から2月にかけては信じられないくらいの寒さで、

氷点下10度以下の地域もごく普通にあります。

ましてや、船に乗り真冬の海に出向くとなると、

もう言葉にできないほどの寒さです。

その過酷な環境を乗り切るための服装として、

ダウンジャケットやコートはもちろん必要になりますが、

どちらかといえば、その中に着る物に気を配った方がいいでしょう。

下着はヒートテックなどの機能性インナーを必ず着用し、

厚めのタイツや発熱する靴下なども用意して下さい。

北海道では、暖かい小物類が大活躍してくれます。

特に手袋は絶対に欠かせません。

ポケットに手を入れて行動するのは危険極まりないですからね。

マフラーやイヤーマフラー、そして帽子もあった方が無難です。

とにかく、流氷ツアーには考えられる限りの防寒グッズをそろえましょう

滑り にくい靴は必須。底がポイント!雪の上でも安心。

北海道の流氷ツアーを思いっきり楽しむためには、

靴選びが最も重要となります。

氷の上を歩いてやるんだというくらいの心構えで

できるだけ滑りにくい靴を選んで下さい。

地元の人たちが身につけている

“滑りにくい歩き方”というのもありますが、

そのような達人ワザを極めるには

やはり時間がかかってしまうので、

素人は滑りにくい靴を用意した方が手っ取り早いです。

靴底に大きめの凸凹がある滑り止め付きのもので、

きちんと防水・撥水加工されているものをおすすめします。

防水・撥水加工されていない靴で雪道を歩くと、

当たり前ですが、足がすぐにビチャビチャになってしまいますよ。

流氷ツアーではロングブーツの方がいいですが、

街中は滑り止め付きであれば、ショートブーツでもOKです。

また、地元では靴の裏に着脱できる

「滑り止めバンド」も売られています。

持参した靴では滑って危険だなと感じたら、

転んでケガをする前にぜひ利用してみて下さいね。

まとめ

北海道の冬は、屋外と室内の寒暖差が非常に激しいです。

流氷ツアーの船内も暖房がガンガン効いているので、

中には暑すぎると感じる人もいるでしょう。

そのため、なるべく容易に着脱できる服装を選ぶのがポイントです。

服装を自分でこまめにコントロールしていかないと、

寒暖差により体調を崩してしまうかもしれません。

北海道の流氷ツアーを100%楽しむために、

多少荷物が増えてしまっても、

服装選びには十分に気を使って下さいね

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク