余った年賀状は古くても交換可能…え!換金術なんてあるの!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

年賀はがきって書き間違えたり、買い過ぎたりして、

余ってしまうことってありませんか?

来年は干支が違うから使えないし、

捨ててしまうことも多いはず。

でも、余った年賀状を捨てるのは勿体ないですよ!

余ったり、書き損じた年賀状って、

実は切手と交換したり、お金に換えることだって

出来ちゃうんですよ!

今回は、知って得する、年賀はがきの活用方法を紹介します!

年賀状の余らせた分の活用方法とは

スポンサーリンク

・官製はがきや切手に換える

もし年賀状を余らせてしまったら、

郵便局に持って行って

普通のはがきや切手などに交換してもらいましょう。

その年のものだけでなく、

過去の年賀状や、書き損じてしまったものでもOKです。

基本的に年賀状一枚につき手数料5円で、

通常切手、官製はがき、郵便書留、レターパック、

年賀状などと交換してもらえます。

ただし、古い年賀状を新しい年賀状と交換してもらえるのは

販売期間内の11月1日~1月10日までとなっていますので、

ご注意ください。

また、書き損じた年賀状は、

投函していないもの、切手の部分が汚れていないもの

に限られます。

例えば、一度投函したけれど、

住所が間違っていて、戻ってきてしまった、

という年賀状は交換が出来ないんです。

でも一度も投函していないのでしたら、

書き損じたものでも、

郵便局に出せば交換してもらえますよ。

ちなみに、未投函ならなんと

家族や子供の写真付きでも、交換がしてもらえるんです!

これはちょっと驚きですね。

もし我が子の写真付き年賀状を多く印刷し過ぎちゃっても、

手数料は必要になりますが、同じように交換してもらえますよ。

ただ、古い年賀状の交換は、

郵便局窓口でのみ受け付けているので、

必ず営業時間内に行くようにしましょう。

・懸賞用として使う

郵便局の窓口まで行って、

はがきや切手と交換するのが面倒だったり、

時間がない場合は、年賀状を普通のはがきとして使いましょう。

え!年賀状って普通のはがきとして使えるの?

と疑問が出てくるかも知れませんが、

実は、『年賀』の文字を二重線で消すことで、

普通のはがき代わりに使えるんです。

でも人様にそれを出すと失礼になるかもしれないので、

プレゼントなどの懸賞用として使ってくださいね!

いっぱい余っていたハガキを出せば、

もしかしたら当選するかも知れませんよ!

お金に換える方法もあります

余ったり書き損じた年賀状は、

金券ショップに持って行けば、換金してもらえるんですよ。

ただし、金額や書き損じた年賀状も買い取り可能かどうかは、

金券ショップによって違うので、注意しましょう。

出来れば持って行く前に、買い取ってもらえるか、

そのショップに電話で確認してみると安心ですよ。

もし書き損じた年賀状は買い取り出来ないと言われたら、

一度、郵便局で新しいものと交換してから、

金券ショップに持って行って換金しましょう。

ちなみに、未使用で今年の年賀状でしたら、

金券ショップでの買い取り相場は、約35円です。

少額とはいえやっぱりお金になったり、

使えるハガキに交換してもらえるなら、

余った年賀状は、捨てずにとっておくことをおすすめします。

まとめ

余ったものや、書き損じた年賀状は、

郵便局窓口に持って行けば、手数料5円で、

新しい年賀状や、切手と交換してもらえます。

また、普通のはがきとして、懸賞用に使うことも可能。

もしくは金券ショップに行けば、少額ですが換金できますよ。

色んな活用方法があるので、

もし年賀状を買い過ぎたり、書き損じてしまっても安心ですね!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク