赤ちゃんへのリトミック教育は効果がある!?ない!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

最近、赤ちゃんのうちから

習い事をする人が増えています。

リトミック、

ベビーマッサージ、

スイミングなど、

赤ちゃんからでも通える教室が多いですよね。

その中でも、リトミックは教室も多く

うちも通ってみようかな?

と手軽に始められる習い事です。

音楽に合わせて赤ちゃんが体を動かしたり、

ニコニコしている様子を見るだけで

親の方まで嬉しくなってきますよね。

でも・・・

リトミックって本当に効果があるのかな?

赤ちゃんから習っても

効果ないんじゃないかな?

効果がないならやめようかな?

など、始める前は悩んでしまうと思います。

子供のタイプによっても

音楽に興味がなさそうだったり、

教室に通っても走り回って終わる子も

いると思います。

うちの子供がまさに

そんなタイプなのですが・・・。

こんな場合だと、

効果がないなら余計に悩みますよね。

果たして赤ちゃんへのリトミックって

効果があるのか、

はたまた効果ないのか?

私自身もとても興味津々です。

この機会に調べてみましたので、

ご紹介しますね!

リトミック教育の効果を上げるには…赤ちゃんからの教育が重要!?

まずは、リトミックとは何か?

リトミックは、スイスの音楽家

エミール・ジャック・ダルクローズが

開発した音楽教育の手法です。

一番の特徴は、教育といっても

訓練や調教をするのではなく

子供本人が自ら進んで音に触れることで

音楽の楽しさや音を出す喜びを味わおう!

 

という点を重視しているところです。

その結果、想像力や表現力が養われ、

心と体の調和が育まれていくのです。

赤ちゃん自身が音楽を楽しむことで

心身の発達にもかなり効果があるのですね。

リトミック教室の場で

直接色々な音に触れることで、

音楽自体に興味を持つ

良いきっかけになりそうです。

実際に、どれ位から始められるかというと

なんと首がすわった赤ちゃんから始めても

とても効果があるのです。

赤ちゃんは、お腹の中にいる時から

もう音をよく聞いているといいますよね。

お腹の中にいる赤ちゃんに話しかけたり、

胎教として音楽をかけたりしませんでしたか?

早いうちから音楽に触れる機会を作ると、

音感やリズム感も養われ

感受性が豊かになっていくのです。

赤ちゃんの頃から

リトミックを体験していると

音楽に慣れ親しみやすくなるので、

リトミックの効果も上がるのですね。

リトミックは教室に通わなくても、

子育て支援センターなどの施設で

イベントとして

行なっていることがあります。

教室に通うかどうか迷っている方は

このようなイベントで一度

体験してみても良いでしょう。

赤ちゃんへのリトミック教育は効果音が効果的!?

リトミックでは、音楽に合わせて

歌ったり体を動かしたりするだけではなく

色々な楽器や、身の回りのものを使って

動物のマネをしたり、

オノマトペなどの効果音を使って

動きを表現する活動をしたりします。

同じ効果音でも、

ゆっくり鳴らした時にはゾウが歩くイメージ

速く鳴らした時にはウサギが走るイメージなど

音からくるイメージは色々ありますよね。

子供の想像力は無限大!

効果音を聞いた時に

大人には思いつかないような

発想を広げていき、

それを表現する機会を

たくさん持つことで、

自分の気持ちや思いを表現する力が

養われるのです。

また、この音が鳴ったら動く

ストップ!と言われたら止まるという

ルールに従って行動する活動もあります。

ゲームのような感覚で行うので

子供も楽しんで、

その指示に従うようになるのです。

ただ指示するだけでは

子供にも伝わりづらいものですが、

効果音を使うことで、

小さな子供でもどう動いたらいいかが

わかりやすいのです。

上手にできると

先生にもママにも褒められるので

子供も嬉しくなりますし、

もっともっと褒められたくて

リトミックがさらに楽しい活動に

なっていくのです。

まとめ

いかがでしたか?

リトミックは赤ちゃんからも

とても効果があることがわかりました。

習い事といっても、

何かを教え込んだり訓練するのではなく

子供自身が音に触れることを

楽しむ機会を作るのが

リトミックの大きな目的なのですね。

繰り返し音に触れる体験をすることで

音楽自体に慣れ親しみ、

そこから表現力感受性

育まれていくのです。

リトミックは

音に合わせて踊ったり手遊びをすること

というイメージが強かったのですが、

音に触れることが

これほど効果的だとわかったので

走り回る専門の我が子と一緒に、

まずは一度体験しに行ってみようかな?

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク