知っておきたい!お見舞いメールの返信で気を付けるマナーとは!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

事故によるケガや病気などで、

突然の入院。

心配してくれた友達、

上司など目上の方から届く

お見舞いメールの数々…。

お見舞いメールへの返信には

「ありがとうございます」だけでは

足りないのでしょうか?

もっと感謝の気持ち、

お礼の気持ちを伝えたい!という時の、

ビジネスシーンでも通用するマナー

について調べてみました。

お見舞いのメールが来たとき、どのような対応をしていますか?

お見舞いメールが来たら…

「返信不要と書いてあるけど、

上司だからすぐ返信!」

お見舞いメールに対するお礼はもちろんですが、

不要な心配をさせないためにも、

出来る限り早めに返すのがベストです。

もちろん体調が優れない場合には、

ある程度落ち着いてから

返信しても問題はありません。

そして、

「心配させないように

病状を事細かに説明する」

治る見込みがあれば、安心材料になります。

しかし、症状が思わしくない場合や

あまり回復の兆しが見えない場合には、

あえて症状報告を避けることが

相手への配慮となります。

たとえ、心の不安を抱えるような

事情や結果でも、

前向きな気持ちや

お見舞いがありがたかったという、

前向きな気持ちを伝えることが重要です。

「職場のみなさんへの負担を考えると、

大変申し訳ないので謝罪する」

急なお休みで仕事に穴をあけてしまった場合には、

お詫びの一文は添えておきましょう。

可能であれば、退院のメドが付いたら

簡単にでも仕事のスケジューリングを組み直して、

報告しておくといいでしょう。

知っておきたい!メールの返信で気を付けるべきマナー

【相手の気遣いに対して感謝する】

相手が自分に対して気にかけてくれた

ということに感謝を述べましょう。

【お礼+現状報告が黄金パターン】

お見舞いメールへのお礼と、

言える範囲での現状報告をしておきましょう。

また、お見舞いメールに

訪問予定だと記載があれば、

あらかじめ、こちらの都合のいい面会時間帯も

一緒に返信しておくと、

立派な相手への配慮となります。

【退院日が決まったら報告メール】

心配してくれた方々には、

体調が快復したことをお伝えしましょう。

何も言わないと、

退院後に会ったとき

気まずくなるので忘れないように!

【とにかく明るい文面で書く】

症状があまり良くなくても、

文面はとにかく暗くならないことが原則です。

症状報告をあえて避けたり、

前向きな言葉で締めくくる等の工夫が必要ですね。

まとめ

メールはあたたかさを感じにくい

メッセージツールです。

それでも、お見舞いメールは

やはり相手の気持ちが嬉しいもの。

・返信不要でも、返信はなるべく早めにする

・相手の気遣いに対して感謝する

・お礼と現状報告はセットで、

面会可能時間も添えておく

・お見舞いメールをくれた方には

退院日の連絡と快復の報告をする

感謝の気持ちは、

積極的に言葉にしていきたいですね

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク