先生は学校の顔!修学旅行で教員がしたい服装とは?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

社会人になると、会社によって制服があったり、

私服だったりと様々ですよね。

教員の方は、私服出勤になると思いますが、

ある程度、学校で規定があればよいのですが、

本人任せの場合、何を着ていくか悩みますよね。

生徒に指導する側でもありますし、

保護者の方の目も気になります。

それが、修学旅行ともなると様々な場所へ行くので

カジュアル過ぎても硬すぎても

場違いな恰好になりかねませんね。

ではどのような服装がよいのでしょうか?

カジュアルとビジネスの中間スタイルが理想

修学旅行では、生徒にとっても一大イベントです。

舞い上がって、はしゃいだり

予期せぬ行動をすることもありますので、

病気や事故などの不測の事態に

備えなければなりません。

よって、

ある程度動きやすい服装と靴の方がよいです。

女性の場合、ヒールは避けたほうが良いでしょう。

かといって、

ジーンズやジャージなどカジュアルすぎても

見学先や宿泊場所で失礼にあたることもあります。

男性の場合

スニーカーに清潔感のある服装、

パンツにポロシャツなどが良いです。

海などに行く場合は、ビーチサンダルではなく

マリンシューズなどがおススメです。

女性の場合

同じく

パンツにポロシャツやTシャツ、

カーディガンなど。

スカートの場合は

膝下でタイトでないもの

が良いです。

靴はやはりスニーカーか動きやすい靴にしましょう。

最近ではカジュアルスタイルに限らず

スニーカーを合わせる

コーディネイトが流行っていますよね!

男女共通の注意点

共通して気を付けてほしいことは

アクセサリーです。

華美なものは避けた方がよいでしょう。

つけたとしても腕時計くらいにして、

数珠やブレスレット、

大ぶりなピアスなどはやめた方がよいです。

また、ジャケットは1枚持っていきましょう。

学外の人と接するときに格好がつきますね。

生徒が見て違和感がないスタイルとは?

生徒もイベント気分で

いつもより気合が入っています。

アクセサリーをつけたり、お化粧をしたりと

禁止されていることでも

羽目をはずしてしまう子もいますよね。

やはり、生徒を指導する側として

説得力のある服装でなければいけません。

先にお伝えしたように、

派手なアクセサリーをつけていたり、

短いスカートやボロボロのジーンズだったりすると

説得力がありません・・・。

普段はジャージや、

スーツの方でも修学旅行となると

そうはいきません。

見学場所にもよりますが、

基本は動きやすく清潔感のある服装を心がけていれば

問題ないですよ。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク