夜の洗濯をする人は要注意!夜の外干しがNGな理由とは!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

家事の代表的な一つでもある洗濯。

昼間洗濯を干して乾かすのが一般的ですが

中には昼間時間が無かったり

仕事に行っていて干せないから夜洗濯を干す人も多いはず。

ですが夜外に洗濯物を干すのは

あまり良くないと耳にした事がある人もいるかと思います。

そこで今回は夜洗濯を外に干すのが

なぜいけないと言われているのか

また、夜洗濯を干す場合の上手な

干し方について紹介します。

夜に外干しをすると起こる、恐ろしいトラブルって?

仕事だったり用事があると

昼間洗濯物が干せず夜洗濯することになりますね。

ですが、夜洗濯する方は要注意!

夜の外干しはあまり良くないと言われているのです。

トラブル1. 虫が卵を産む

夜に洗濯物を外に干して取り込んだ時に

白や茶色などの汚れっぽいものがくっついていた…

なんてことはないですか?

それは虫の卵の可能性が高いです。

そのまま気づかずに

たたんでタンスにしまってしまうと

知らないうちに孵化してしまう

なんてこともあります。

私も実際に昼間洗濯物を干して取り込んだ時に

虫がついていた経験があります。汗

昼間に卵を産み付けられるよりも、

夜の方が虫が卵を産み付ける可能性が

高くなると言われています・・・。

トラブル2. 放火や盗難

夜に洗濯物を外に干すと心配なのが

盗難や放火です。

実際に洗濯物が干してあるベランダに

火のついた新聞紙を投げ込まれ

洗濯物に燃え移ってしまい

家が火事になったという事もあります。

また、女性は特に下着などの盗難も心配ですよね。

盗難被害はニュースなどでもよく目にします。

夜洗濯物を外に干すと

このような放火や盗難といったトラブルも心配されます。

トラブル3. 乾かす時間で雑菌や臭いが発生する

昼間に干すと太陽の日があたるため、

短時間で濡れた衣類を乾かしてくれます。

しかし夜だと日が出ていないので、

乾くのにも時間がかかります。

衣類が生乾きのまま放置されたり

乾かす時間が長いと雑菌が繁殖します。

また、梅雨の時期などもそうですが

なかなか洗濯物が乾かず

生乾きのままずっと干しておくと

臭いも発生しますよね。

また、夜露(湿気)のせいで湿る

事も考えられます。

湿るという事は生乾きと似た状態になっている

という事なので、雑菌の繁殖や

臭いが発生してしまう事も考えられます。

洗濯物が乾く条件を押さえて上手に干しましょう!

本当は昼間太陽の元で干したい!

って思っていても、仕事や用事などで

なかなか思い通りに行かない事も多いですよね。

どうしても時間が無くて夜干す事になったり、

主婦の方は忙しい朝に少しでも家事の時間を短縮したい為に

夜洗濯をして干しておきたいと思う人もいるはずです。

ここでは、洗濯物が夜でも乾きやすくなる為の方法や

上手な干し方についてご紹介します。

1.洗濯時にしっかり洗い、すすぎを長めにする

良く脱水する事で洗濯物が乾きやすくなるため、

少しでも雑菌の繁殖を抑えてくれます。

そして、雑菌の繁殖を抑えてくれるだけでなく

早く乾くという事は生乾きの状態が少ないという事なので

完全に防ぐのは難しいですが臭いを抑える事も出来ます。

2.アーチ干しをする

夜洗濯物を干すときに大切なのが

空気の流れを作って干す様にする事です。

洗濯物と洗濯物の間に

しっかりと風の通り道を作る事により

早く乾かす事が出来ます。

その為におススメする干し方が

「アーチ干し」です。

長い衣類を外側に、

短い衣類を内側に干し洗濯物同士は

10~15cmあけて干すのが

アーチ干しのポイントの一つです。

このアーチ干しをする事で

洗濯物の乾きも早くなり

洗濯物が早く乾くようになれば

雑菌や臭いなども抑えられますね。

また、さらに乾くまでの時間を短縮したい方は、

洗濯物を回し終わった後、

10分ほど乾燥機で回してから干したり、

特に乾きにくいバスタオルなどの

大物を干す時には裾をずらして干す、

「ズラシ干し」がおススメです。

3. 扇風機やサーキュレーターを当て続ける

扇風機を強風で当てつづけます。

電気代は数十円で済みますし、

乾くのも早いので、

家に乾燥機がない場合はかなりおすすめです。

わが家は雨の日によくやります。

日中、乾かないこともないので洗濯物がたまることもないですし、

早く乾くのでにおったりもしづらいです。

昼間外出するときも、

つけっぱなしで出たりします。

まとめ

今回は夜洗濯物を干した時に起こるトラブル、

また夜洗濯物を干す時の乾きやすくする方法や

上手な干し方について

紹介しましたがいかがだったでしょうか?

昼間仕事で忙しい方や朝の家事を

少しでも楽にしたい主婦の方など

多くの方に読んで頂き参考にして頂けたらと思います。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク