ニットカーディガンの裾・袖のヨレ…試したい復活・予防方法!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

ニットカーディガンって、何度も着ているうちに、

裾や袖が伸びてよれよれになってしまいませんか?

せっかくお気に入りのカーディガンでも、

これでは台無しですね。

カーディガンのよれは、あることをしておくと、

予防することが出来ますよ。

今回は裾や袖がよれないための直し方と対策を紹介するので、

ぜひ試してみてください!

カーディガンニットの
首元が少し伸びた時の対処方法!

スポンサーリンク

もしカーディガンの裾や袖、

首周りがちょっとヨレてきたかな?

と思ったら、

完全に生地が伸びてしまう前に

しておきたい処置があります。

  1. まずは熱湯を用意してください。
  2. そして、裾や首周りなど、ちょっと伸びた部分を熱湯につけて濡らし、軽く形を整えましょう。
  3. あとは、濡らした部分にドライヤーを当てて乾かせばOK!

こうすることで、伸びてしまった繊維が縮み、

形が整うんですよ。

ただし、完璧に元通りになるわけではないので、少しヨレてきたな、と感じたら、すぐに濡らしてドライヤーで乾かしましょう。

もしくは、アイロンの蒸気を当てても、

伸びを直すことが出来ますよ。

  1. アイロンをスチームにして、その蒸気をカーディガンの伸びた部分に当ててください。
  2. 一度、アイロンの蒸気を当てたら、伸びた部分をギュッと握りましょう。すると繊維が寄ってきます。
  3. あとは、もう一度アイロンを当てて、形を整えれば完了!

どちらも簡単な方法で伸びたカーディガンを直せるので、

試してみましょう!

ニットの裾や袖が伸びるのを防止するには?

ニットのカーディガンって、

気付いたら袖や裾が伸びてしまいますよね。

実はカーディガンが伸びてしまうのは、

洗濯や干し方に問題があるから。

つまり、洗い方と干し方を工夫すれば、

袖や裾が伸びてしまうのを防げるんです!

カーディガンを洗濯して干す時は、

以下のポイントを踏まえていきましょう。

・ドライコースでネットに入れて洗濯する

ニットのカーディガンは必ず裏返しにしてたたみ、

洗濯ネットに入れてから、ドライコースにして洗いましょう。

そうすると型崩れを防ぐことが出来ます。

また、裏返しにすることで、

毛玉も予防できるんですよ。

洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤を使いましょう。

・素材によってはクリーニングに出す

カシミアやシルク、レーヨン、
キュプラ、アセテート

などを素材に使用しているものや、

革や装飾が多いカーディガンは、

自宅で洗濯するとダメージを与えてしまいます。

特に高価なカーディガンは、

自分で洗うことが難しいので、

クリーニング店に持っていくようにしましょう。

その方が、確実にカーディガンを傷めずに、

キレイに手入れすることが出来ますよ。

・シャツのように広げて干さない。

ニットのカーディガンは、他のシャツのように、

ハンガーにかけて干すのはNGです。

型崩れの原因にもなるので、

広げて干さないようにしましょう。

ニットの衣類は、平干しといって、

平らなネットの上に置くと良いですよ。

平干しネットは通販の他に、

100円ショップやホームページなどでも買えるので、

持っておくと良いですよ。

ダイヤコーポレーション ダイヤ 折り畳み いろいろ物干しネット・2段

価格:994円
(2017/11/11 17:37時点)
感想(0件)

ネットの上に干せば、生地に負担がかからないので、

裾が伸びたり、型崩れする心配もありません!

まとめ

カーディガンの裾や袖、首周りを

よれよれにしないようにするには、

洗濯と干し方に気を付けましょう。

裏返してたたんでから洗濯ネットに入れて、

ドライコースで洗います。

干す時は平干しネットなどを使って、

平たくほしてくださいね。

他のシャツ類と同じように、

ハンガーにかけてしまうと型崩れするのでご注意を。

もし裾や首周りがヨレてしまったら、

濡らしドライヤーで乾かしたり、

アイロンの蒸気を当てると繊維が縮んで形が戻ります。

伸びてしまったお気に入りのカーディガンも、

これで復活しますよ!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク