人間関係が続かない…嫌なことがあるとリセットする癖をなおしたい!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

人間関係が続かない人の中には、

なんとかしたいと思っている方が多いと思います。

これをきっかけに良い人間関係を築いてほしいと思い、

この記事を作成しました。

そもそも人間関係がうまくいかない理由として、

相手と掛け合いができない

どんな相手ともうまく付き合おうとしている

自分自身のキャラを作るなどが理由として挙げられます。

もう少し詳しく説明すると、

相手と掛け合いできない方は、

相手からしてもらったことはこちらからもお返しをする

面倒等の理由でスルーするのはやめましょう。

どんな相手ともうまく付き合おうとしている方は、

周りの目を気にして波風を立てないというような、

ネガティブな付き合い方をしていると長続きしません

自分のキャラを作ってしまう人は、

そのグループに合わせて過剰にキャラを作ることで、

肩に力が入ったような付き合い方になってしまっています。

もちろん、ここに挙げたことをしていたら、

全部がダメだというわけではありませんが、

上記のことを過剰にやらないようにするのに越したことはありませんね。

ゲーム感覚?うまくいかないとリセットする癖、それって病気かも

先ほど人間関係がうまくいかない理由を挙げましたが、

他にはこんなことも原因として挙げられます。

それが、人間関係リセット症候群というものです。

その症状を簡単に説明すると、人間関係がうまくいかない場合、

今まで付き合ってきた人たちをゲームのリセットと同じように

断ち切ってしまうような症状です。

誰とでもうまく付き合える反面、

周りの目を気にして自分を作ってしまい

人間関係に気疲れする人がなりやすい症状です。

リセットしてしまう理由としては、

今の疲れる人間関係から解放されて

新しい人間関係を作りたいなどの理由が考えられます。

社会に出る前に何とかしたい!リセット癖の治し方

人間関係リセット症候群は改善する方法があるので、

この記事を機にちゃんと向き合って治してもらえると嬉しいです。

まず人間関係リセット症候群の人は、

精神病にかかっている可能性もあるので、

自分ももしかしたらと思う人は早めに対処しましょう。

また、人間関係をいきなり全て断ち切るのではなく、

最低限必要な人だけは残して、

自分の環境や気持ちに余裕を残すようにしましょう。

イメージとしては断絶ではなく、

距離を置くというイメージです。

これで絶対に治るとは言い切れませんが、

少しでも改善に向けて進んでくれたらと思います。

まとめ

正直に申しますと、私自身も

人間関係リセット症候群(おそらく予備群)だと

この記事を作成しながら感じました。

しかし、「私」という人間を見てくれている人も

周りにちゃんといるので、気持ちが落ち着く時もあります。

人間関係リセット症候群で悩んでいる方がいましたら、

一人きりで考えず、一度ゆっくり誰かに話してみてほしいです。

もちろんそういう人が周りにいない人は、

病院で相談をするのでも構いません。

話すことが大事です。

私個人の意見になっていますが、

少しでも苦しい状態から解放されてほしいと思い、

伝えさせていただきました。

これからは楽しい人間関係を築けることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク