布団やマットレスの経血のシミはセスキ炭酸ソーダで簡単に取れる?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

生理の時、経血の量が多くて、寝ている間に漏れてしまい、

布団やマットレスにまで染みてしまった!

こんな時、どうすれば良いんでしょうか?

女性なら誰しも生理の時は漏れないか心配しているもの。

特に量が多い人は、寝ている間が一番気がかりですね。

そこで、マットレスを経血で汚してしまった時の対処法と、

寝る時に漏れ予防になる方法を紹介します。

マットレスの中までついちゃったシミの取り方!

どんなに気を付けていても、

寝ている間は量が多いと漏れてしまうこともあります。

マットレスの中にまで経血が染みてしまった場合、

一番効果があるのは、セスキ炭酸ソーダを使うことです。

薬局や大型スーパーなどで、

セスキ炭酸ソーダのスプレーが販売されているので、

これを使ってシミを落としていきましょう。

まず、シミの部分にセスキ炭酸ソーダのスプレーを吹きかけます。

そして、冷たい水で湿らせたタオルで、

シミの部分のトントンと叩いていきましょう。

そうすればシミをキレイに落とすことが出来ますよ。

あとは、マットレスにドライヤーを当てて、

よく乾かしておきましょう。

マットレスが湿ったままだと、

カビやダニが発生してしまうので気を付けてくださいね。

セスキ炭酸ソーダがない場合は、

酸素系漂白剤を綿棒などにつけて、

シミの部分によく塗っていきましょう。

すると、シミの部分が泡立つので、

水で濡らしたタオルで、また叩いて汚れを落としていきます。

1度で落ち切らなかった場合は、

何度か繰り返すと、シミがキレイになりますよ。

汚れが落ちたら、しっかりマットレスを乾かせばOKです。

敷布団も同じように、セスキ炭酸ソーダか酸素系漂白剤で、

経血が落とせますよ。

ちなみに、経血はお湯で落とそうとすると固まってしまうので、

必ず冷たい水で濡らしたタオルでシミを叩いてくださいね。

生理中の心配はベッドの対策から始めましょう。

生理中は漏れないか、何かと心配ですね。

万が一漏れてしまうと、マットレスや布団の染み抜き、

そしてシーツの洗濯が大変になってしまうので、

ベッドにも経血漏れ対策をしておきましょう。

といっても、方法は簡単です。

経血の量が多い日は、

敷布団の腰の辺りにバスタオルを敷いて寝ましょう。

そうすれば、もし漏れてしまったとしても、

マットレスや布団に染み込んでしまう心配もありません。

また、ホームセンターなどで、

寝具売り場に防水シーツが販売されています。

本来は介護用で、お年寄りが粗相をした時、

布団を濡らさないために使うものですが、

女性の経血漏れ対策に使うのもアリですよ。

うちは洗えないムアツマットレスなのですが、

一度シミを作ってしまってからは、

生理期間中、必ず敷くようにしました。

どうしても量が多い、という人は、

生理の時だけ防水シーツを敷いて寝てみましょう。

もしくは、ショーツ型になっているナプキンを使うなど、

生理用品もちょっと変えてみると良いかも知れませんね。

安心して眠れますよ。

まとめ

経血がマットレスに染みてしまったら、

セスキ炭酸ソーダか酸素系漂白剤を塗って、

水で濡らしたタオルで叩きましょう。

シミが取れたら、湿ったマットレスを乾かすのも忘れずに。

また、経血漏れの対策としては、

ベッドにバスタオルや防水シーツを敷くと良いですよ。

量が多い場合は、敷物で対策できます。

朝起きたてみて、ベッドに漏れていると、

余計にブルーな気分になりますよね。

でも、しっかり対策すれば、

もう漏れを気にせずに、安心して眠れますよ!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク